NEW

マック、新グラコロが絶品!今冬買うべき5品…ポテナゲ特大はパーティーに最適!

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】,
日本上陸50周年のマクドナルド
マクドナルドの店舗

 ハンバーガーチェーン最大手のマクドナルド。街を歩いていると、黄色い「M」の文字を目にする機会も多いだろう。

 そんなマックが、今年は日本第1号店のオープンから50周年ということもあって、5月末にはアメリカのマック創成期のキャラクターである「スピーディー」をデザインした特別パッケージを提供。続く6月末には、現在の看板キャラクターである「ドナルド」などがあしらわれたトートバッグやポーチなどが入った、「BIG SMILE BAG」という限定グッズセットも販売するなど、大きな盛り上がりを見せていた。

 大きな節目を超え、その健在ぶりをアピールするマックは、この冬も新たな商品を展開中で、ネット上では称賛する声が続々と上がっている。そこで今回は、そんな新商品も含めた、この冬注目の“買うべきマックの商品”を5つ厳選。ぜひマックを利用する際の参考にしていただきたい。

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ/390円(税込、以下同)

コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ

 えびが入ったグラタンコロッケが特徴の「グラコロ」(340円)は、マックの冬の風物詩。メインとなるグラタンコロッケとフワッとした食感の蒸しバンズ、シャキシャキとした食感のキャベツ、濃厚なタマゴソース、スパイスが効いたコロッケソースの相性が抜群であり、1993年の登場から多くの人々に愛されてきた。そんな「グラコロ」のラインナップに、今回新メニューとなる「コク旨アンガスビーフボロネーゼグラコロ」が追加されたのだ。

 本品では、通常の「グラコロ」で使われているコロッケソースの代わりに、アンガスビーフと完熟トマトを使ったボロネーゼソースが採用されている。隠し味に赤ワインを入れてじっくりと煮込んでつくられているそうで、コク深く濃厚な味わいだ。グラタンコロッケとの相性も良く、牛肉の旨味とコロッケのクリーミーさが絶妙にマッチしていた。

「グラコロ」のもともとの良さを生かしつつ、さらなる美味しさを追求した逸品。普通の「グラコロ」に食べ慣れた人にこそ、おすすめしたいバーガーである。

倍てりやきチキンフィレオ/470円

倍てりやきチキンフィレオ

「てりやきチキンフィレオ」(370円)は、サクサクとした食感が特徴のチキンパティと甘辛いてりやきソースが組み合わさったジューシーなバーガー。マック唯一の「揚げ×てり」(揚げ物とてりやきソースの組み合わせ)のバーガーとしてラインナップされており、その独自性とボリュームによりファンからの人気も高い。

 そんな「てりやきチキンフィレオ」をはじめとするマックのレギュラーメニューは、17時以降の時間帯の“夜マック”において、プラス100円でパティをもう1枚追加した“倍マック”商品として注文することができる。この場合、「てりやきチキンフィレオ」は、「倍てりやきチキンフィレオ」として注文可能となるわけだ。ジューシーなてりやきチキンパティがもう1枚追加されるため、食べ応えは抜群。

 実は“夜マック”のほかの多くのバーガーでは、パティは倍増されてもソースは追加されないため、食べ進めていくうちにソースが不足してしまい、ネット上では「味が薄く感じる」と言われることもままある。しかし、この「倍てりやきチキンフィレオ」は、最初からパティ自体にてりやきソースが絡んでいるため、最後まで満足感が持続するのである。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合