NEW

楽天モバイル、キャリアメール提供再延期、改善して欲しいことだらけでユーザーの不満はMAXか?

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

スマホ業界で高い顧客満足度評価を得ている楽天モバイル。しかし最近では、通信が不安定だったり、自社回線エリアの人口カバー率が伸び悩んでいたりと、ユーザーからの不満が増しているという。加えて新たに、キャリアメールアドレスの提供を再延期したことが分かった。

今回は、楽天モバイルのキャリアメールアドレス提供延期の詳細とともに、世間からのリアルな評価を見ていこう。

楽天モバイル、キャリアメールアドレス提供再延期のワケ

楽天モバイル、キャリアメール提供再延期、改善して欲しいことだらけでユーザーの不満はMAXか?の画像1
(Image:network.mobile.rakuten.co.jp) これが12月14日現在のホームページに記載されている内容

12月10日、楽天モバイルは公式ホームページを更新。ドコモの「ahamo」、auの「povo2.0」、ソフトバンクの「LINEMO」のデータ利用量や通話料金を比較した「他社プランの比較表」で、「メールアドレス提供」の項目が「提供に向けて準備中」に変更されていることが分かった。2021年1月に新料金プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」を発表した際、同項目は「2021年夏頃」となっていたが、「2021年内に提供予定」、さらに「提供に向けて準備中」へと更新されていたといい、今回さらなる後ろ倒しが決まったようだ。

ガジェット系メディア「ケータイWatch」が12月13日に更新した記事では、楽天モバイルのキャリアメールアドレス提供延期について「引き続きユーザーへのサービス提供に万全を期すため、もうしばらく社内でのテスト運用フェーズを継続する」と綴られている。1度目の延期では2021年中の提供を目指していたが、再延期の文言からは提供のメドは立っていないことが伺える。

楽天モバイル、キャリアメール提供再延期、改善して欲しいことだらけでユーザーの不満はMAXか?の画像2
(Image:Ned Snowman / Shutterstock.com) iPhoneシリーズがお得に購入できるキャンペーンを随時実施している楽天モバイル

ネットではこのニュースについてさまざまな意見が寄せられている。スマートフォンに詳しいガジェット系ライターの島徹氏はニュースに対するコメントで、「楽天モバイルにとって、このキャリアメール持ち運び制度は他社からの乗り換え契約獲得の大きな材料となるだけに、印象の面でキャリアメールの不評は避けたいところ」と楽天モバイルが慎重になっていると見解を示している。

他のユーザーからは「キャリアメールよりもコールセンターに電話がつながるようにしてほしい」「楽天は色々な面でボロボロに見える。これにめげない頑張りには脱帽だが」「まずは通信品質向上を優先してもらいたい。安いのはいいけど通信は弱いので使いづらい」といったサービス品質に関する不満の声が続出している。

中でも多く寄せ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合