NEW

マック、SNSで賛否が分かれる今冬の5品…「ソースが微妙」スパビー

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】,
マクドナルド、SNSで賛否が分かれる5品
マクドナルドの店舗

 赤地に黄色字の“M”の看板でお馴染みのハンバーガーチェーン最大手・マクドナルド。今年は日本における第1号店の出店から50周年目という節目を迎え、アニバーサリーにふさわしい数々のイベントやキャンペーンが開催された。

 5月末には米マクドナルドの創成期キャラクターである「スピーディー」がデザインされた特別なパッケージが登場。また、6月末にも先述の「スピーディー」に加え「ドナルド」などの人気キャラクターがデザインされた「BIG SMILE BAG」と呼ばれる、限定グッズセットが販売されるなど、大きな賑わいを見せていた。

 このように、めでたい年であったマックだが、SNS上では一部のファンから手厳しい感想が集まる商品も散見される。今回は、マックの“この冬、買うのは要注意な5品”をピックアップしたので、商品選びの参考にしていただきたい。

倍チキンフィレオ/460円(税込、以下同)

倍チキンフィレオ

 2018年6月27日付当サイト記事『人気沸騰「夜マック」、買ってはいけないバーガー3選!むしろ2個買ったほうが得?』でも紹介した「倍チキンフィレオ」。あらためて“要注意”と言わざるを得なかったので、紹介させていただこう。

「チキンフィレオ」(360円)といえば、むね肉を使ったぶ厚いチキンパティとコク深いオーロラソースの相性が抜群の商品。しかし、この「チキンフィレオ」を17時以降の“夜マック”の時間帯で注文する際、通常価格にプラス100円するだけでパティを2倍にできる“倍マック”で注文するなら、少々注意が必要だ。

「倍チキンフィレオ」は、「チキンフィレオ」のチキンパティをもうひとつ追加したボリューミーな一品。倍となったチキンパティの食べ応えは申し分ないので、一見するとお得な商品のように思えるだろう。

 しかし、パティが2倍になってもオーロラソースの量は変わらないため、オーロラソースとチキンの絡みが薄まった感があり、従来の「チキンフィレオ」ファンのなかには好まない人も少なくない。また、単純にパティが増えたことで高さも増して、顎が疲れやすく非常に食べづらいという点も要注意なポイントである。

倍チーズバーガー/240円

倍チーズバーガー

「チーズバーガー」(140円)といえば、1971年に日本で1号店がオープンしたときからラインナップされている古参メニュー。2019年に行われた値上げで10円近く値段が上がってしまったものの、いまだに多くのファンに愛されている。

「倍チーズバーガー」は、上記の「倍チキンフィレオ」と同じく夜マックの時間帯で頼める商品。「チーズバーガー」にもう一枚パティが追加されているため、より肉のジューシーさを楽しめそうだが、コストパフォーマンスの面で考えると、購入には慎重にならざるを得ない部分もある。

 本商品は「チーズバーガー」に100円プラスして頼むことができるが、それならば「チーズバーガー」を2つ購入したほうが“お得”だと考える人が多い。「チーズバーガー」を2つ頼むと金額は280円となり「倍チーズバーガー」より40円高くなるが、当たり前だがその分バンズ、チーズ、その他具材が付いてくる。たった40円の違いしかないため、「チーズバーガー」をそのまま2つ購入したほうがお腹も膨れるし、コストパフォーマンスも優れているだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合