NEW

実際にWindows 10からWindows 11にアップグレードしてみた! Win10に戻す方法も解説

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年10月に登場したWindows 11。自分のパソコンが無償アップグレード可能かどうか気になっている人も多いと思うが、実際にアップグレードするにはどうすればいいのだろうか? そこでここでは、筆者が最近買ったばかりのMicrosoft「Surface Laptop G0」を使って、実際にWindows 11にアップグレードした方法を紹介しよう。これで最新のOSを堪能できるぞ! なお、今回はアップグレード後に再度Windows 10に戻す方法も併せて紹介する。

実際にWindows 10からWindows 11にアップグレードしてみた! Win10に戻す方法も解説の画像1
(Image:microsoft.com)

まずは、Windows 11に無償でアップグレードできる条件を確認!

当たり前のことだが、Windows 11に無償アップグレードするには、Windows 10パソコンであることが必須となる。そのうえで、Windows 11のシステム要件を満たしていればアップグレード可能となる。

すでに、Windows 11の更新は始まっているので、アップグレード可能かどうかは、「スタート」ボタンから「設定」を選択し、「更新とセキュリティ」でWindows Updateを開いてみよう。

もし、「Windows Update」で「Windows 11へのアップグレードの準備ができました-しかも無料です!」といった案内が表示されており、「ダウンロードしてインストール」というボタンがあれば、それに従って作業すれば簡単にWindows 11にアップグレードできる。

しかし、そのような案内表示がない場合は、自力アップグレードを行うことになる。まずは、Windows 11のシステム要件を満たしているか確認してみよう。Windows 11のシステム要件を確認する方法は→こちらで解説している。

おそらく、ここ1~4年以内に発売されたパソコンであれば、Windows 11にアップグレードできる可能性が高いだろう。それでも、パソコンによっては非対応の可能性はある。

なお、無償アップグレードの期間は設定されておらず、とりあえず1年以上はアップグレード可能となっている。もしかすると、1年後に終了期間がアナウンスされる可能性はあるので早めにアップグレードしておきたい。

実際にWindows 10からWindows 11にアップグレードしてみた! Win10に戻す方法も解説の画像2
パソコンによっては、Windows Updateで「Windows 11へのアップグレードの準備ができました」と表示されている。この場合は「ダウンロードしてインストール」を押せばOKだ
実際にWindows 10からWindows 11にアップグレードしてみた! Win10に戻す方法も解説の画像3
こちらは筆者のパソコンのWindows Update画面。「Windows 11の準備をする」と表示されており、アップグレード可能かどうか分からない状態だ

自力でWindows 11へアップグレードするには?

筆者のパソコンは、2020年に発売されたばかりのMicrosoft「Surface…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合