NEW

モス、この冬に絶対食べたい5品…すき焼き仕立ての豪華すぎるハンバーガー

文・取材=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
モスバーガーの期間限定商品を食べてみたら絶品だった
モスバーガーの店舗

 1972年に1号店が誕生し、2022年に50周年を迎えるモスバーガー。“つくりたての美味しさ”が評判の日本発の人気ハンバーガーチェーンで、国内1252店舗、海外含め1695店舗(2021 年11月30日現在)を展開している。

 モスバーガーといえば、食材の安心や安全へのこだわりがストロングポイントとして知られている。店頭に置かれている黒板には、使用されている野菜の産地や生産者の名前が明記されており、そこからはモスブランドの矜持と自信が垣間見える。

 さて、そんなモスバーガーの商品はどれも絶品だが、今回は特に“この冬買うべき商品”を5つ選出。いずれも寒い季節にぴったりなので、モスバーガーを利用する際の参考にしてみてほしい。

モスバーガー/390円(税込、以下同)

モスバーガー

 まず紹介したいのが、昨年7月にリニューアルした定番商品の「モスバーガー」。ミートソースに含まれる玉ねぎを大小2種類の大きさにカットし、別々のタイミングで鍋に投入することで、具材感をアップさせることに成功したという。

 実際に食べてみると、確かにミートソースの玉ねぎの存在感が際立っているように感じる。以前から「モスバーガー」のミートソースは食感が良い印象があったが、このシャキシャキ感が改良によって倍増しているのだ。存在感の強い玉ねぎは、コク深いミートソースとの相性が抜群。肉厚なハンバーグと口に運べば、それぞれの旨味が口の中に広がる。

 新鮮な食材を扱うがゆえに、モスバーガーの商品は全体的に単価が高くなっているが、「モスバーガー」は390円と比較的リーズナブルな値段設定なのも嬉しい。もちろん、できたてで提供されるため、温かい食べ物が恋しくなるこの季節にピッタリな商品だろう。

モスチキン/270円

モスチキン

 次に紹介したいのが「モスチキン」。こちらも言わずと知れた定番商品だが、骨が手羽元の部分にしか付いていないことは意外と知られていないのではないだろうか。手羽元の骨だけをあえて残すことで手持ち部分をつくっているものの、それ以外の部分には骨が入っていないため、小さいお子様でも安心して食べることができるのだ。

 そんな「モスチキン」を実食すると、まず驚くのが衣の食感。米粉を使っているという衣は、かじると音が聞こえるほどにサクサクだ。チキン部分はムネ肉使用しているため、脂っこすぎず、それでいてジューシー。

 老若男女が美味しく食べることができる「モスチキン」は、「5本入り」「10本入り」も販売されているため、家族団らんの夕食やホームパーティーなどにも最適だろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合