NEW

日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果に

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

今、あなたの傍らにあるスマホはiPhone?それともAndroidスマートフォン?近年でこの派閥についての話題は当たり前のものとなった。どちらもそれぞれ魅力満載で、使い勝手やデザインなど選ぶ基準は人それぞれ。世界的には珍しく、日本はiPhoneの利用率が高いと言われていることもご存じだろう。では実際のところ、世の中はどちらのユーザーが多いのか最新のデータをチェックしていこう。

若者人気は圧倒的にiPhone。10代女子は8割以上!

日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果にの画像1
(Image:Mr.Mikla / Shutterstock.com) これから先、この派閥争いは永遠の題材になるのではないだろうか

MMD研究所は、スマートフォンを所有する18歳~69歳の男女36,006人を対象に「2021年12月スマートフォンOSシェア調査」を実施。公開された調査結果をもとに、世代ごとや全体でiPhoneとAndroidスマホ、どちらが人気なのかが明らかになった。

実はこの“スマホ派閥”、世代別そして性別で利用率の差がかなり出ているのだ。iPhoneの利用層は10代女性が82.4%と最も多く、20代女性は76.5%、10代男性が69.5%、20代男性62.2%と続いた。

日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果にの画像2
(MMD研究所調べ)

やっぱり……といってはなんだが、イメージ通り10代と20代は、ほとんどがiPhoneユーザーなのだ。確かに街を歩いていても、iPhoneを手に持った若者が多いような気がする。本体自体のスタイリッシュなデザインもしかり、iPhoneはカバーなどのアクセサリー類が豊富に販売されている。周りと同じものを持つという日本人ならではの安心感もありつつ、その中でも個性を持たせて楽しめるというのが、若者からの人気を集めている理由のひとつかもしれない。

日本のiPhone利用率が高いはウソ? iPhoneは45.7%、Androidが47.0%という調査結果にの画像3
(MMD研究所調べ)

反対に、Androidスマホのメインユーザーはというと、60代男性が最も多く58.9%、次いで40代男性が55.6%、60代女性が55.0%、50代男性が54.4%となっている。

若者に比べると、スマホに慣れ親しんでいない世代であるため、使いやすさ重視でスマホ選びをする人が多いのかもしれない。となると、Androidスマホは搭載機種が多いため自分に合ったものを選べるというのが魅力的な点なのではないだろうか。いわゆる「シニア向けスマホ」といわれるスマホもAndroidの製品で普及している。

冒頭に述べたように、日本のスマホユーザーにおけるiPhone利用率は世界に比べて高い……と思っていたのだが…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合