NEW

宮迫博之、水面下で進行していた“大型ネタ番組”を吉本側が拒否?…続く悲しき孤独な戦い

文=藤原三星
【この記事のキーワード】, , ,
【確認中】宮迫博之、水面下で進行していた“大型ネタ番組”を吉本側が拒否?…続く悲しき孤独な戦いの画像3
オリエンタルラジオの中田敦彦と立ち上げたYouTube内トーク番組『Win Win Wiiin』。優良な企画で視聴者の反応も上々だったが、中田は2021年3月中旬にシンガポールに移住。宮迫の周りから人が消えていく……。(画像は、宮迫博之のYouTubeチャンネル「宮迫ですッ!【宮迫博之】」より)

宮迫博之、ネタ番組収録で吉本興業側にオファーするも、すげなく断られた?

 一方、宮迫が自身のYouTubeチャンネルにおいて中田敦彦とのダブルMCで送り出している大型トーク番組『WinWinWiiin』や、地上波テレビ並みの予算をかけて一流の料理人たちが腕を競うという趣向の『有頂天レストラン』などについては、なかなか新作がアップされてないのが非常に気になるところだ。

 これについて、ある放送作家はこう語る。

「どちらの番組も宮迫さんが企画やスポンサー集めに奔走し、いわばテレビ業界への“逆襲”として始めた大型企画であり、いまだ芸能界復帰を諦めきれていない宮迫さんが最も力を入れている企画であることは間違いない。しかし、まず『WinWinWiiin』に関しては、“大物ゲスト”のハードルが高すぎて、なかなか決まらないようです。相棒の中田敦彦さんがシンガポールに移住してしまったし、裏テーマとして毎回のように話題となる『宮迫はなぜ吉本に戻れないのか?』という話もできなくなったいま、企画として成立しづらくなったのではないでしょうか。ただ、同タイトルは新作を出せば200~300万PVは余裕で稼ぐわけで、継続はしていきたいはずですが、いまの宮迫さんや中田さんとの共演をOKする大御所がどれぐらいいるのか……という点が最大のネックなわけです。

 一方の『有頂天レストラン』に関しては、第4回まではすでに配信済みですが再生数がまったく伸びず(第4回は8月28日公開、ゲストはデヴィ夫人、神田うの、泉谷しげるの『【異種格闘料理対決】ガチ5分料理&赤一色バトル【有頂天レストラン♯4】Cooking Battle Show』)、事実上の打ち切り状態ということでしょう。同規模の大型予算をかけて『宮迫さんが司会のネタ番組』へとシフトチェンジすべく、実は水面下で調整していたようなのですが……ネタ番組となればそもそも古巣の吉本興業の協力なしには成立しない。なので宮迫さんサイドから吉本へと正式にオファーしたそうなのですが、吉本がきっぱりと断ったそうです。結果、見たこともないような地下芸人たちから借金エピソードを聞き出すという企画(12月4日公開『【借金座談会】売れない芸人たちの借金エピソードがシャレになりませんでした』)を小規模にやっていましたが……。やはり宮迫さんとしては、『アメトーーク!』みたいなことをどうしてもやりたいんでしょうね」

 相方を失い、専業YouTuberになって約4カ月。芸能界への未練を抱えたまま、宮迫博之の孤独な戦いはまだしばらくは続きそうだ。

(文=藤原三星)

木村拓哉自身が撮影中止を提案?『BG~身辺警護人~』そして『半沢直樹』の“放映問題”の画像3

●藤原三星(ふじわら・さんせい)
ドラマ評論家・コメンテーター・脚本家・コピーライターなど、エンタメ業界に潜伏すること15年。独自の人脈で半歩踏み込んだ芸能記事を中心に量産中。<twitter:@samsungfujiwara

情報提供はこちら

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合