NEW

モスバーガー“今冬の要注意商品”5選…水っぽいソース、具材に負けるソイパティ

文=A4studio
モスバーガーの店舗
モスバーガーの店舗

 2022年に創業50周年を迎える、日本のハンバーガーチェーン「モスバーガー」。海外出店も積極的に行っており、20年2月にフィリピン1号店を出店して以降、現在までに海外店舗を443に増やしている。国内は1252店舗で、海外を含めると1695店舗(21 年11月30日現在)である。

 そんなモスバーガーは、食材の安心や安全へのこだわりが強いことで知られている。それを象徴するのが、店頭に置かれている黒板だろう。そこには、使用されている野菜の産地や生産者の名前が明記されており、その堂々たる姿勢からモスバーガーの自信をうかがうことができる。

 だが、なかには、食べる人によってはおいしいかどうか微妙に感じられてしまう商品も存在する。今回は“今冬、要注意な商品”を5つ選出。その理由も含めて解説していくので、モスバーガーを訪れる際の参考にしてみてほしい(価格は税込み)。

モスの菜摘(なつみ)モス野菜/380円

 まず紹介したいのが、19年春の「モスバーガー『買ってはいけない商品』5選!大不評で逆に話題、コスパ最悪、温度ぬるい」をはじめ、この要注意シリーズで何度か紹介している「モスの菜摘(なつみ)モス野菜」。以前の紹介では「ただのバンズ抜きバーガー」「レタスが少ない」という意見を取り上げたが、今回は巷で囁かれている“オーロラソースが水っぽい”との意見に注目した。

モスバーガー“今冬の要注意商品”5選…水っぽいソース、具材に負けるソイパティの画像1

 実際に食べてみると、確かにソースはかなり水っぽい。水にソースを溶かしているような味になっており、オーロラソースの味はほのかに感じられる程度だ。おそらく、トマトの水分とレタスの瑞々しさが裏目に出てしまっているのだろう。バンズがないことも相まって、良くも悪くも野菜をそのままで食べているような商品に仕上がっている。

“野菜を食べたい”という人や“ハンバーガー1個は重たい”という人には良いのかもしれないが、ハンバーガーをしっかり食べたい気分の人が頼んでしまうと、物足りなさを感じてしまうかもしれない。

ソイスパイシーモスチーズバーガー/450円

 次に紹介したいのが、近年話題の代替肉を使用した「ソイスパイシーモスチーズバーガー」。野菜をたくさん食べてほしいとの思いから誕生したソイパティは、大豆由来の植物性たんぱく質を使用することで、脂質を抑えることに成功した商品である。

モスバーガー“今冬の要注意商品”5選…水っぽいソース、具材に負けるソイパティの画像2

 だが、そんなソイパティを使ったバーガーには“具材の存在感に負けている”という意見が多く集まっている。今回はシリーズの中でも、具材の量がダントツに多い「ソイスパイシーモスチーズバーガー」を購入した。

 実際に食べてみると、まず特製ミートソースとまろやかなチーズの濃厚な味わいが押し寄せてきた。非常においしい商品なのだが、だからこそ“ソイパティが負けている”という意見にもうなずけてしまう。

 ソイパティ自体は、まったくといっていいほど大豆感がなくおいしいので、健康に配慮しながらハンバーガーを食べたいという人にはいいだろう。だが、やはり肉らしい存在感と少ない脂質の両立が難しいということは、念頭に置いておくべきなのかもしれない。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合