NEW

いかりや長介が痛めつけられる「威勢の良い銭湯」も!ドリフの伝説コント3選

文=稲垣翼/テレビウオッチャー
【この記事のキーワード】, ,

 定番が、いかりや先生が机(トタン製)に顔をぶつけるズッコケ方。「コントのメリハリをつけるうえでとても大きな効果を生んでいた」と、いかりやは前出の著書で述べている。

●「銭湯コント」

『ドリフ大爆笑』の「もしもこんな○○があったら」の大人気バージョン。銭湯にやってきたいかりやが4人に無理やり服を脱がされ、シャンプーをかけられ、股の間を洗われ、湯舟に投げ捨てられる。一回転したいかりやが湯船から出ると、またも同じサービスが……。最後には、タオルで体を叩かれる。このコントをリズミカルにしたのが、ドリフ見習いだった、すわしんじの太鼓叩きだ。

「リーダーのいかりやが4人を指導する」通常のパターンと異なり、リーダーのいかりやがいじめられる。これがカギだった。

ドリフの“隠し味”だった高木ブー

 その他にも、相撲部屋、剣道、家族、時代劇、商店街、アパート、軍隊、先生と不良など、さまざまなパターンで笑いを生んできたザ・ドリフターズ。リーダーのいかりや長介、クールで何でもこなす仲本工事、ボケる間が最高の加藤茶、ボケも突っ込みも最上級の志村けん、そして、何もできないキャラで日本中に“優越感”を与えた高木ブー。彼の存在感の薄さこそ、ドリフというグループのインパクトを持ち上げる「隠し味」だった気がする。とにかく、メンバーのキャラとバランスが絶妙だった。

 昭和40年代から人気を博したドリフのコント。高校生や大学生になると飽きが来るが、年を取るとまた戻る。いつ見ても懐かしく笑えるのは、疲れようと揉めようと、ドリフが生放送に全力を注いだからだろう。

(文=稲垣翼/テレビウオッチャー)

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合