NEW

『青天を衝け』なぜ勝海舟は出てこなかったのか?絶妙だった幕末期の描き方

文=井戸恵午/ライター
【この記事のキーワード】, , ,
「大河ドラマ『青天を衝け』|NHKオンライン」より
大河ドラマ『青天を衝け』|NHKオンライン」より

 今年2月、大河ドラマ『青天を衝け』(NHK)にかなり不安があるとして、いくつかの懸念される点について述べた。本稿では、1年を通じて同作を見続けた結果、これらの懸念がどのように払拭されたのか、されなかったのか、ということについて私見を述べていきたい。

(1)幕末期の描かれ方について

 やはり幕末期というのは人気があるが、特筆すべきものとしては「徳川慶喜から見た幕末」という視点である。これは大河ドラマにおいてはなかなかないもので、そのためか幕末モノの定番である坂本龍馬などの人物が大胆にカットされている。

 また、薩長の若き志士たちの群像とか、会津をはじめとした東北諸藩の悲劇といった描写もほとんどなく、代わりに、いわゆる飯能戦争というマイナーな事件、ただし、渋沢家にとっては跡継ぎとしていた平九郎を失うという大きな事柄を扱っている。この「渋沢家の幕末」という視点とも表裏一体の形で物語が展開されていき、やがて、その二つの視点が栄一によってつながっていくのには不思議なカタルシスがあった。

 また、近代以降、特に『徳川慶喜公伝』編纂の過程で配せられてきた伏線が見事に回収された点は、まさに「快なり」と言えるものであったように思う。如上の点から、どうしても幕末編がボリューミーになってしまったのは致し方ないと思われた。あと、さらにはコロナ対応や東京五輪開催の関係で話数が少ないという事情もあり、それを考えると満足するべきものであった。

(2)渋沢栄一の描かれ方について

 渋沢栄一は、特に幕末期については、本人の意に反して「志士」としてはあまり活躍している人物ではなく、“ワナビー志士”どまりで空回りする青年にすぎなかった。これが、一橋家の仕官と洋行によって覚醒したかのように、有為の人材となっていく過程がきちんと描かれていて好感が持てた。

 また、一方で家庭人として至らない部分についても、不必要に貶めず、品位を失わないギリギリのところに留めていたように思う。渋沢は、その著書『論語と算盤』の中で、豊臣秀吉の欠点の一つとして「家道の齊(ととの)はなかった事」を挙げているが、同文中において自身も「口はばったく申し上げて誇り得ぬ一人」とし、「致し方のない次第で、余り酷に責むべきではなからうと思ふ」と自己弁護を並べており、その自覚は大いにあったのであろう。

 ただ、それを素直に認めているあたりに、この人物における一種のかわいげのようなものを看取できるが、主演の吉沢亮氏の好演の中にも、多くそれを見ることができた。

(3)明治以降の描かれ方について

 渋沢栄一が「日本資本主義の父」として活躍するのは、主として明治以降のことである。第一国立銀行の設立や500社にものぼる企業の設立にかかわるなど、その事業は多岐に及ぶ。これを描ききれるかという点を懸念したのであるが、やはり、かなりの部分が省略されてしまっていた。特に半島経営などの部分はセンシティブであることもあってか、概ね描かれずに終わっている。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合