NEW
木村隆志「現代放送のミカタ」

第1部最終話が物議を醸す『真犯人フラグ』を“それでも最後まで見る”人が多い理由

文=木村隆志/テレビ・ドラマ解説者、コラムニスト
【この記事のキーワード】, ,
「真犯人フラグ - 日本テレビ」より
真犯人フラグ – 日本テレビ」より

 12月19日夜に放送された『真犯人フラグ』(日本テレビ系)第1部最終話の評判が芳しくない。

 ネットメディアの記事は、「衝撃ラストに驚きの声続出」「衝撃ラストに視聴者混乱」「衝撃の証言に『鳥肌立った』の声」などと、忖度的な見出しを掲げているが、それぞれのコメント欄は大荒れ(以下、原文ママ)。

「内容の薄さに愕然とします。ストーリーが全くなく、突如と現れる物事に強い違和感が生まれます。西島さんを活かしきっていない内容にガッカリです」

「どこまで引っ張るの…、付いて行くのが疲れてきたよ。視聴者も離れちゃうんじゃないの? 後から後から新しいあやしい人が出てきて、考察も何もあったもんじゃない」

「無理があるというか、これまでの9話なんだったの?て展開」

「西島秀俊さんが好きでみていますが、何故か見終わると疲れます。次回には進展あるのかなぁと期待していたけど挫折しました」

「3ヶ月掛けて何も進展がなかった。全くと言っていい程。登場人物が徐々に増え、謎も増やしていくだけ」

「昨日はちっとも第一部最終回でもなんでもなく騙された気分。上島竜兵とかキャラ増えて伏線余計に散らばった」

 決して大げさではなく、こんなコメントばかりなのだ。

視聴者を怒らせている3つの戦略

 そのなかには、2日前に放送された同じ長編ミステリーの『最愛』(TBS系)最終話と比べる声も目立つ。

「『最愛』はキャストも脚本も素晴らしくワンクールで綺麗にまとめたドラマだと思います。それに引き換え、こちらはキャストは良いのに」

「酷い。ネットを沸かせたドラマとつい比較してしまう。人間を舐めて掛かっているドラマだと感じてしまう。一方は、切なく深いものを感じ感動したのと天地の差」

「コチラも最愛も楽しく見ていましたが 今となってはかなり差がついちゃったな」

『最愛』が見事な真相解明と伏線回収で称賛を浴びた直後だけに、『真犯人フラグ』が悪目立ちしてしまった感は否めないだろう。

 視聴者を怒らせているのは、主に「怪しい人物を次々に登場させて引っ張り、なかなか進まないストーリー」「視聴者を驚かせるために挿入される毎話終盤のショッキングなシーン」「西島秀俊、芳根京子、宮沢りえらキャストが生かされていない」の3点。しかし、これらの戦略は、視聴者が「腹が立っても気になり、つい見てしまう」ものだからタチが悪い。

 とりわけ第1部最終話は、批判を受けても仕方のないものだった。

 主人公・相良凌介(西島秀俊)の妻・真帆(宮沢りえ)との不倫疑惑が浮上した林洋一(深水元基)は、結局何も話さないまま逃げ切り、それを見ていた葬儀屋の本木陽香(生駒里奈)の正体にも進展なし。

 サッカーコーチの山田元哉(柿澤勇人)、隣人・菱田朋子(桜井ユキ)、配送スタッフ・望月鼓太朗(坂東龍汰)も怪しい言動を連発しながら秘密は明かされず。

 最後は、バタコ(香里奈)が凌介を吹き矢で狙う中、息子・篤斗(小林優仁)が「パパがママを殺した」と告白したところで終了した。

『話しかけなくていい! 会話術』 「話がうまい人」になる必要はない。無言でも、ひと言でも、人に好かれるための画期的コミュニケーション術! amazon_associate_logo.jpg
『嵐の愛され力~幸せな人生をつかむ36のポイント~』 嵐に学ぶ人から好かれる、人を好きになれる人間力の磨き方。明日から使える36個の“○○力”。年齢・性別を問わずマスターできる。 amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合