NEW

徳光和夫・みのもんた『徹子の部屋』で大放言を連発…黒柳とのカオス&神回が話題

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
徳光和夫・みのもんた『徹子の部屋』で大放言を連発…黒柳とのカオス&神回が話題の画像1
テレビ朝日『徹子の部屋』のHPより

 23日放送のトーク番組『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に、フリーアナウンサーの徳光和夫と、みのもんたが出演。“テレビ界の生き字引”である2人の抱腹絶倒の大放言が話題を呼んでいる。

 徳光は80歳、「みの」は78歳、そしてホスト役の黒柳徹子は88歳で、合わせて246歳になる3人。徳光は1963年に日本テレビに入社、「みの」は67年に文化放送に入社したアナウンサー界のレジェンドだが、黒柳も日本でテレビ放送がスタートした1953年にNHKにテレビ女優第1号として入社しており、業界人としては徳光と「みの」の大先輩に当たる。それだけに、番組内では2人へのストレートな質問も垣間見えた。

 話はまず、徳光の日テレ入社のいきさつに。徳光は、父も日テレ社員だったために周りからはコネ入社ではないかと言われるが「アナウンサーなのでコネとは関係なかったんですね」と力説するも、黒柳から「コネじゃないの?」と追及され、あっさり「ちょっとはコネです」と告白。

 さらに立教大学の放送研究会で徳光の後輩だった「みの」は、在学中に先に卒業した徳光に日テレの社員食堂を案内してもらった際のエピソードとして、徳光から「あちらに座っているのが美空ひばりさん」と説明されたと語るも、徳光は「そんなこと言わねえよ。社員食堂に美空ひばりさんが座ってるわけねえじゃねえか」と反論し、3人とも爆笑した。

 一方の「みの」は、就職の年に日テレのアナウンサー職の採用がなかったため、TBSを受けたものの「TBSも落ちました。代わりに久米宏くんが受かりました」と明かし、のちに妻になる放送研究会の女性から「四谷の文化放送が今日の3時に締切だから受けたら」と言われ受けたところ、採用されたと振り返った。

「朝食っつっても、ビール2本くらい飲んで」

 次に話題は現在の生活についてとなり、9年前に妻が亡くなった「みの」は次のように語った。

「朝6時くらいに起きて、新聞を見て、庭を散歩して。一人で住んでるもんですから、自分で朝食の支度をして。朝食っつっても、ビール2本くらい飲んで」

 さらに黒柳から夕食も自分で支度をするのかと聞かれると、 

「すぐそばに、逗子に妹が住んでいるもんで、よく支度手伝ってくれますけど。ときどき数多いガールフレンドの何人かが差し入れくれたりしてます」

と言い、笑いを誘った。

「みの」といえば、以前は一日に何本も帯のレギュラー番組を抱え、毎晩のように銀座通いをしていたことでも知られているが、

「銀座、毎日行ってた。京都、名古屋、札幌、福岡、那覇。飲むのが好きですから」

と驚きのエピソードを披露。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合