NEW

「楽天カード」クレカ顧客満足度ランキングで1位に、2位以下に大差をつけた理由とは

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

12月22日、9業種を対象に実施された「JCSI(日本版顧客満足度指数)」2021年度第3回調査の結果が発表され、「クレジットカード部門」で「楽天カード」が1位に輝いたことが分かった。

今回は、楽天カードのポイント機能や空港ラウンジ特典、新規入会者キャンペーンなど、顧客満足度調査で高い評価を得た楽天カードが支持される理由について紹介する。

楽天経済圏で人気の楽天カードが顧客満足度1位に

「楽天カード」クレカ顧客満足度ランキングで1位に、2位以下に大差をつけた理由とはの画像1
6位は同率で「三井住友カード」、「dカード」がランクイン(日本生産性本部調べ)

今回クレジットカード部門で調査の対象となったのは、イオンカード、ANAカード、JCBカード、JALカード、セゾンカード、dカード、Viewカード、ファミマTカード、三井住友カード、Yahoo! JAPAN カード、楽天カードの11企業・ブランドだ。半年以内に2 回以上クレジットカードを利用しているユーザーが、どの程度満足しているかといった「全体満足」、良い選択だったと感じているかなどの「選択満足」、生活を豊かにすることにどれくらい役立っているかという「生活満足」の3設問を10点満点で評価している。

2020年に比べ2021年は、業種全体のスコアが低下したクレジットカード。5位は「Yahoo! JAPANカード」(スコア69.1)、4位は「JALカード」(69.5)、同率2位は「イオンカード」「JCBカード」(69.9)という並びに。

そして1位には、2位以下を大きく引き離して「楽天カード」(72.9)が輝いた。最近テレビを見ていて「楽天カードマンが増えている」といったCMも放送されていたが、改めて楽天カードの顧客満足度が証明される結果となった。

また、楽天カードは今回の結果で13年連続首位を獲得。これほど揺るがない顧客満足度を誇る楽天カードだが、一体何がそれほどまでに評価されているのだろうか。

「楽天カード」クレカ顧客満足度ランキングで1位に、2位以下に大差をつけた理由とはの画像2
2位とは、3ポイント差で1位を獲得した楽天カード(日本生産性本部調べ)

楽天カードの最大の魅力は、「楽天経済圏」での買い物に使えるポイント機能が充実していることだろう。高めの設定の還元率に加え、「楽天ペイ」や「楽天Edy」と組み合わせれば、ポイントの2重、3重取りが可能となる。「楽天モバイル」など、連携しているサービスも多く、楽天経済圏にどっぷりつかっている人にとっては必須アイテムといっても過言ではない。最近では、1枚目以外の国際ブランドであれば2枚目を申し込めるため、2枚持ちする人も増えているという。

さらに楽天ブ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合