NEW

iOS 15で生まれ変わったiPhoneブラウザ「Safari」の今すぐ試したい便利機能9つ

文=小沢陽子/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

これまでiPhoneのiOSは何度もアップデートされてきたが、iPhone標準のWebブラウザアプリ「Safari(サファリ)」は、iOS 7以降はほとんど仕様に変化がなかった。しかし、2021年9月に登場したiOS 15のアップデートで「Safari」は大幅に進化していたのである。そこで今回は、生まれ変わった最新「Safari」で使える便利技を9つ紹介しよう。

iOS 15では「Safari」の仕様が大幅に変化!

iOS 15で生まれ変わったiPhoneブラウザ「Safari」の今すぐ試したい便利機能9つの画像1
(Image:rafapress / Shutterstock.com)

iPhoneユーザーにはお馴染みのWebブラウザアプリ「Safari(サファリ)」。iOS 7以降はしばらく大きな仕様変更はなかったが、iOS 15のアップデートでは、Safariの仕様が大幅に変更されているのをご存じだろうか?

そこで今回は、iOS 15で生まれ変わった最新版Safariの便利な機能を9つ紹介しよう。これでiPhoneのWeb検索がさらに快適になるはず!

【1】追加されたジェスチャー機能を使いこなす

iOS 15のアップデート後にSafariを開いて、まず驚かされるのが、これまで画面上にあったはずのアドレスバーが画面下に移動していること!

インターフェイスがガラリと変わったことで、操作しにくいと感じる人も多いだろうが、どうやら新しいジェスチャーが追加されたことで、アドレスバーの位置が変更されたようだ。

最初は違和感ありまくりだが、このインターフェイスに慣れれば、追加されたジェスチャー機能で快適なWebブラウジングが行えるようになる。

iOS 15で生まれ変わったiPhoneブラウザ「Safari」の今すぐ試したい便利機能9つの画像2
まず目につくのがアドレスバーが下に配置されたこと。これを左右にスワイプすることでタブの切り替えが可能になる(左写真)。アドレスバーを上にスワイプするとタブ一覧画面を開ける(右写真)
iOS 15で生まれ変わったiPhoneブラウザ「Safari」の今すぐ試したい便利機能9つの画像3
タブ一覧画面でプレビューを左にスワイプすると、そのタブを閉じられる(左写真)。閲覧中のWebサイトの更新は従来通りページの最上部を下にスワイプすればOKだ(右写真)

【2】アドレスバーの長押しですぐにメニューが開く!

iOS 15のアップデートでは、Safariのアドレスバーが画面下に移動し、新たなジェスチャー機能も追加されたが、ほかにも新機能が隠されている。

Safari画面下のアドレスバーを長押しすると、素早くリンクのコピーや音声検索、閲覧中のWebサイトをタブグループへ移動することが可能になっているのだ。

これにより、SafariによるWebブラウジングが、さらに快適に操作できるようになった。

iOS 15で生まれ変わったiPhoneブラウザ「Safari」の今すぐ試したい便利機能9つの画像4
Safariの画面下にあるアドレスバーを長押ししてみよう(左写真)。すると、「コピー」や「音声検索」「タブグループへ移動」メニューがすぐに表示される(右写真)

【3】下にあるアドレスバーを上に移動する

iOS 15のアップデートでSafariのアドレスバーが画面下に置かれたが、どうしても慣れないという人は、これまでどおり上位置に戻してしまおう。

アドレスバーを上に移…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合