NEW

石田純一と東尾理子が離婚危機、家庭崩壊説も…石田の金銭問題、子どもの進学問題

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
石田純一
東尾理子のインスタグラムより

 かつては華やかな芸能人ファミリーとして持てはやされてた“石田ファミリー”がピンチを迎えているようだ――。

 12月7日発売の「女性自身」(光文社)が俳優・石田純一と妻でプロゴルファーの東尾理子の家庭崩壊説を報じ、15日には「NEWSポストセブン」が、石田の息子で俳優のいしだ壱成が、妻で女優の飯村貴子と離婚したことを伝えるなど、石田家のニュースが話題を呼んでいる。

「女性自身」は、石田がまだ建てて8年しかたっていない都内の3億円豪邸の売却を検討していることに加え、知人に「離婚するかもしれない」と語っていたとの証言を掲載。同誌は本人に直撃しているが、マスコミへの神対応で知られる石田は「家庭は崩壊してますから!」と激昂。

 一方、「ポストセブン」では壱成が飯村と離婚したことを告白。理由については経済的なことによるものと語り、“父超え”のバツ3になったと吐露。さらに「ぼくと父は何か欠落している。ダメなところが似ている」という言葉を残した。だが、16日には今度は飯村の言い分が「ポストセブン」に掲載され、飯田がアルバイトで月に5万円稼いでいたものの、そこから壱成がタバコ代に3万円も使ってしまうと明かしたことから、壱成への批判の声が強まっている。

 これに先立つ11月には、石田と最初の妻、松原千明との間の長女である「すみれ」が一般男性と結婚し、第1子妊娠を発表するという慶事はあったものの、何かとマイナスの出来事が続く石田ファミリー。石田に近い芸能事務所関係者は、その原因についてこのように分析する。

「石田さんも壱成さんも2人とも人が好い、というか、好すぎるんです。石田さんは取材に来た週刊誌に激怒りしながらも『家庭は崩壊しています!』などと、言わなくてもいいことを言ってるし、壱成さんも『養育費は月4万円』『娘との面会は月2回』など、わざわざ自らご丁寧に明かしているように、バカがつくほど正直に答えています。これを見てわかる通り、ネタを自らマスコミに提供しているのは自分たち。自らが墓穴を掘る結果になっているんです」

人の好さが禍に?

 また、壱成がインタビューで「父と僕は似ている」と言ったように、2人には共通する点があると指摘する。

「人が好いからこそなんですが、2人とも人に騙されやすいんです。そして、やっぱり“おカネ”の問題。今回の石田さんの情報は、普段は彼の味方になってる人からのリークだそうで、この何年かコロナ禍で出歩いたりするなど、たび重なるバッシングで金欠になった石田さんが、事務所とは関係ない友人を頼ったからだと聞いています。そうすると結果的に“おカネ”が絡んできますから、石田さん自ら撒いたタネの可能性が高い。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合