NEW

マイナポイント第2弾、「Suica(スイカ)」で最大6,000ポイントもらう方法を解説!

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

アナタは「マイナポイント第2弾」が2022年1月1日から実施されるのをご存じだろうか? 第1弾に乗り遅れた人も、今からマイナンバーカードを作れば最大2万円をもらえるチャンスがあるぞ! そのマイナポイント第2弾にJR東日本の「Suica(スイカ)」がキャッシュレス事業者として参加することを表明した。しかも、独自に1,000ptを加算して最大6,000ptももらえるという。そこで今回は、どうすればSuicaで6,000ptをゲットできるのか、その方法を解説しよう。

マイナポイント第2弾、「Suica(スイカ)」で最大6,000ポイントもらう方法を解説!の画像1
(Image:BT Image / Shutterstock.com)

Suicaで申し込むと+1,000ptがプレゼントされる!

2021年12月23日、JR東日本は、マイナンバーカード普及を促進する「マイナポイント第2弾」のキャッシュレス決済事業者として参加することを発表した。

マイナポイント第2弾では、第1弾と同様にマイナンバーカードの新規取得者がキャッシュレス決済利用金額の25%(上限5,000pt)をもらえる。

JR東日本が提供する交通系ICカード「Suica(スイカ)」でマイナポイントを申し込み、Suicaにチャージした金額に応じて25%(最大5,000pt)が付与される仕組みだ。

また、Suicaに累計で2万円チャージして付与されるマイナポイントが5,000ptに達した人には、もれなく1,000pt(JRE POINT)が上乗せされるため、合計6,000ptをゲットできる。

すでに、PayPayもマイナポイント第2弾への参加を表明しているが、現状、PayPayではこのような独自ポイントプレゼントは予定されていないので、今のところJR東日本管内に住む人なら、「Suica(スイカ)」はマイナポイントの有力な申し込み先候補となるだろう。

マイナポイント第2弾、「Suica(スイカ)」で最大6,000ポイントもらう方法を解説!の画像2
(Image:jrepoint.jp) 2022年1月1日から始まるマイナポイント第2弾において、マイナポイントの申し込み先をSuicaにしたうえで、2万円チャージすると5,000pt+1,000pt=6,000ptがもらえる

マイナポイントをSuicaで申し込む方法と注意点は?

まず、マイナポイント第2弾は、新規でマイナンバーカードを申し込んだ人が対象なので、すでにマイナポイント第1弾に参加した人は対象外となる。

次に、マイナンバーカードを取得済みでも、まだ、どこのキャッシュレス決済(マイナポイント)にも申し込んでいない人は対象となる。

マイナポイントの登録方法は→こちらで詳しく解説しているが、Suicaの場合は、JR東日本グループのポイントサービス「JRE POINT」に申し込んで、事前に「JRE POINT交換番…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合