NEW

そのパソコンの買い替えちょっと待った! 動作が遅い原因はメモリ容量不足なだけかも!?

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

毎日、Chromeで大量のタブを開いてWebサイトを調べていると、パソコンの動作が極端に重くなってイライラすることがある。でも、それだけの理由でパソコンを買い替えるのならちょっと待った! もしかすると、動作が重い原因はメモリ容量が不足しているだけかもしれない。そこで今回は、Chromeのタブを開きすぎてパソコンの動作が重いときの対処方法を紹介しよう。

そのパソコンの買い替えちょっと待った! 動作が遅い原因はメモリ容量不足なだけかも!?の画像1

Chromeのタブの開きすぎでパソコンが重くなる?!

先日、筆者は知り合いから「最近パソコンがメチャ重いから買い替えたいと思っている」と相談を受けた。だが、その知り合いが使っているパソコンのスペックはさほど低くはなかったので、どんなときに動作が重いのか尋ねてみた。

すると、仕事上の調べものをするために、いつもChromeのタブを大量に開き、クラウドのGoogleドライブやメーラーなどのアプリを大量に起動しながら作業していたことが判明した。

タスクマネージャーで確認してみると、案の定メモリ使用量は98%を超えていた。つまり、知り合いのパソコンの動作が重い原因は、Chromeのタブを開きすぎによる“メモリ不足”だったのである……。

そのパソコンの買い替えちょっと待った! 動作が遅い原因はメモリ容量不足なだけかも!?の画像1
タスクマネージャーでメモリ使用率を確認すると98%以上! プロセスを確認すると、やっぱりChromeとメールなどのアプリが大量にメモリを消費していた

「パソコンの動作が重い」原因はいろいろある!

実はひと口に“Windowsパソコンの動作が重い”と言っても、OSの起動が遅い、CPUをフルに使うビデオ編集作業をしている、グラフィック性能が必要なゲームをしている、など、パソコンの使い方で対処方法は異なってくる。

まず、パソコンの起動が遅いときはWindowsをインストールしてあるHDD(Cドライブ)を高速なSSDに交換すると効果てきめんだ。その方法は→こちらで確認できる。

次に、HDDの使用率が高くて動作が遅いときは→こちらが参考になるだろう。

また、パソコンゲームの動作が厳しいときは、グラフィックボードを追加するなどの対処方法がある(デスクトップの場合)。

それでは、今回のようにメモリ不足で動作が重い場合は、いったいどうすればいいのだろうか……。

そのパソコンの買い替えちょっと待った! 動作が遅い原因はメモリ容量不足なだけかも!?の画像1
パソコンの起動が遅いときはHDDをSSDに換装すると、劇的に起動が速くなる。ただし、それなりのスキルが必要なのでパソコンに詳しくない人には難しいだろう

Chromeのメモリ使用率を抑える方法は?

Windowsパソコンでは、Chromeのタブを大量に開いたり、クラウドアプリなどをたくさん起動していると、メモリの使用量が多くなって動作が重くなってしまう。

そんな時は、まずChromeのメモリ使用率を…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合