NEW

ネトフリ『ドント・ルック・アップ』絶賛が鳴りやまず…終末映画の傑作、現実を彷彿

文=編集部
ネトフリ『ドント・ルック・アップ』絶賛が鳴りやまず…終末映画の傑作、現実を彷彿の画像1
Netflix『ドント・ルック・アップ』の公式サイトより

 今年も残りわずかとなったクリスマスイブの12月24日、とんでもないNetflix映画『ドント・ルック・アップ』の配信がスタートし、早くも絶賛が集まっている。

 監督・脚本は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2016年)、『バイス』(19年)などのヒット作を手掛けてきたアダム・マッケイ。キャストには主演のレオナルド・ディカプリオとジェニファー・ローレンスをはじめ、メリル・ストリープ、ロブ・モーガン、ケイト・ブランシェット、ジョナ・ヒル、ティモシー・シャラメ、アリアナ・グランデ、マーク・ライランスなど、これでもかというほど豪華な俳優たちが顔を揃え、ディカプリオ自身が「こんな作品は観たことがない」と評価しているだけに、前評判が高まっていた。

※注意:以下、ネタバレあり

 米ミシガン州立大学の天文学の教授であるミンディ(レオナルド・ディカプリオ)と大学院生のケイト(ジェニファー・ローレンス)は、ある日、約半年後に確実に地球に衝突すると予測される巨大な彗星を発見。惑星防衛調整局のオグルソープ博士(ロブ・モーガン)の協力を得てオルレアン大統領(メリル・ストリープ)らホワイトハウス高官に面会し、地球滅亡の危機が迫っていることを力説するも、まったく信じてもらえない。

 そこでミンディ教授とケイトは人気テレビ番組に出演して危機を訴えるが、キャスターからは終始、茶化され、ついに感情を爆発させカメラに向かって「みんな死んじゃうのよ!」と叫んだケイトは、インターネット上で変人扱いされ嘲笑の的にされる。

 だが、中間選挙を目前に控えるなかで自身のスキャンダルで苦境に陥ったオルレアン大統領は、この危機を国民に強調して対策を主導する姿をアピールすることで支持率のアップを図ることに。再び大統領に呼び出されたミンディ教授とケイトは全面協力し、NASAがスペースシャトルを宇宙に打ち上げて核兵器で彗星を破壊する計画が実行に移され、成功目前に迫るのだが、自らの経済的利益に目がくらんだ巨大IT企業・バッシュのCEO(マーク・ライランス)とオルレアン大統領の画策により、計画は中止となる。そしてバッシュCEOが考案した計画が失敗に終わり、ついに地球は滅亡するというストーリーだ。

「今年の最重要映画」

 本作を見た人々からは、早くもTwitter上では以下のように高い評価が溢れている。

<流し観するつもりが、開始10分で「これはヤバい」と確信。気合い入れ直して観たけれど実際 傑作だった>(原文ママ、以下同)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合