NEW

競輪大好きアイドル「桜井奈津」が静岡県三島市役所に30万円以上を寄付した理由

文=福嶌弘/フリーライター
【この記事のキーワード】,
三島市役所で寄付金を手渡す桜井奈津(左)
三島市役所で寄付金を手渡す桜井奈津(左)

 新型コロナウイルスの蔓延により、この2年は世の中が大幅な変化を余儀なくされた。中でもエンタメビジネスは大きなダメージを受けたが、例外となったのは公営ギャンブル市場。現地での観戦者こそ減少しているものの、インターネットによる投票が容易に行えるようになったのを背景に、大幅に売り上げを伸ばした。

 顕著だったのが競輪だ。一時は各地で開催中止を余儀なくされ、ネット投票のやり方がわからない年配の競輪ファンなどは車券購入ができず、売り上げも大幅に落ち込んだが、レースのライブ映像配信とアプリ投票が同時に行える民間サービスの「WinTicket」や「TIPSTAR」の登場など、ステイホームを逆手に取ったことで、2020年度の競輪車券売上額は7499億円(前年度比13.6%増)と、最終的には11年ぶりに7000億円台にまで回復した。

 さらに、2021年も千葉競輪場で1周250mのトラックを使用したエンタメ性の高いレース「PIST6(250ケイリン)」を導入するなど、新規ファン獲得に向けた努力も行っている。

 そんな競輪をコロナ禍前から熱烈に応援していたのが、ミス東スポ2016グランプリ受賞などの経歴で知られるグラビアアイドルの桜井奈津である。

 解説者顔負けの豊富な競輪の知識を武器に各イベント等で活躍していたが、2018年7月よりFMみしま・かんなみボイスキューで放送しているラジオ番組『桜井奈津とおにおにのロングライド』の100回記念で販売したフォトブックとマスクの収益を「福祉事業に役立てていただくため」と三島市役所福祉課へ全額寄付した。

競輪大好きアイドル「桜井奈津」が静岡県三島市役所に30万円以上を寄付した理由の画像1
フォトブックの一部がこちら。桜井奈津の魅力を感じさせる

 およそ30万円にも及ぶ高額な寄付について「私が大好きな競輪に対し、何か恩返しがしたかった」という彼女だが、果たしてその真意とは?

運命を変えたミス東スポ2016グランプリ

「今でこそ『競輪タレント』として活動させてもらっていますが、実はデビュー当時は競輪どころか、公営ギャンブルは何ひとつやったことがなかったんですよ」

 競輪との出会いについて聞くと、意外な答えが返ってきた。グラビアアイドルとしては遅咲きとなる26歳でデビューした桜井。DVD作品も数本撮影されるなど順風満帆なスタートにも思われたが、一方で目標や肩書きのない自分に不安を覚えていたという。

 そんな彼女を変えたのが、ミス東スポ2016のオーディション。グランプリ受賞後にサテライト大阪で行われた予想イベントが、飛躍の第一歩となった。

競輪大好きアイドル「桜井奈津」が静岡県三島市役所に30万円以上を寄付した理由の画像2
プライベートでもこんな感じでお忍びも!

「とにかく、ベストを尽くそうと精一杯の勉強をしていきました。わからないことだらけだったけど、ノートに書き込んでいって、周りに質問して覚えて……。その姿を関係者の方がしっかりと見てくださっていたようで、その後なんと、月に1回のイベントレギュラー出演が決まりました」

「競馬や競艇と比べると少し複雑でとっつきづらい部分があるかもしれないけれど、覚えていくとパズルを解くような感覚で、難しければ難しいほど解けたときの気持ちよさがあり、ハマっていく」というように、それからの彼女は競輪の知識をひたすら詰め込んでいった。

競輪大好きアイドル「桜井奈津」が静岡県三島市役所に30万円以上を寄付した理由の画像3
彼女の自室内をチェック! 競輪好きにはヨダレが垂れそうになるほどの激レアアイテムも……