NEW

「Google Chat」を使っているなら知っておきたい快適に使うための技10選

文=小沢陽子/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Androidスマホユーザーなら必ず持っているGoogleアカウント。Gmailはもちろん、スマホで撮った写真をGoogleドライブでバックアップしたり、Googleカレンダーでスケジュールを管理するなど、もはや我々の日常生活に欠かせないものになっている。そんなGoogleが、2021年8月から始めたサービスが「Google Chat(グーグルチャット)」だ。でも、いったいGoogle Chatをどのように使えばいいのだろうか? そこで今回は、最近テレワークなどでも利用され始めたGoogle Chatを、快適に使うための10の技を紹介しよう。

Googleアカウントさえあればすぐにチャットができる!

「Google Chat」を使っているなら知っておきたい快適に使うための技10選の画像1

日本全国のアカウント所有状況を調べた「モバイル社会研究所」のデータによると、2021年1月時点でGoogleアカウントを所有している人が77.8%で1位になったそうだ。

確かに、Androidスマホでは必ずGoogleアカウントが必要になるし、GmailやGoogleドライブ、GoogleカレンダーといったGoogleのサービスを利用するのにも必須となっているので、所有率がトップなのも頷ける。

そんな、Googleには「ハングアウト」というコミュニケーションサービスがあったが、2021年8月16日から「Google Chat(グーグル・チャット)」に移行したのはご存じだろうか?

Google Chatは本来「Google Workspace(旧G Suite)」の機能だが、Gmailの機能としても利用することができる。

その名の通りテキストによるチャットができるほか、絵文字の送信やファイル共有も行えるが、最近は、ビデオ会議サービスの「Google Meet」などと共に、テレワークの打ち合わせや会議などで、使われることも多くなってきた。

そこで今回は、手軽にチャットができるGoogle Chatを快適に使うために、是非覚えておきたい10の技を紹介しよう。

【1】「スペース」機能で案件ごとにチャットルームを作成できる

Google Chatのメイン機能であるテキストチャットは、「スペース」と「グループの会話」2つに分かれており、どちらも1対1や複数人でのコミュニケーションが行える。

それぞれの違いはチャットの使用目的だ。まず「スペース」は、チャットル…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合