NEW

首都圏の新築マンション平均価格が6,750万円でバブル期超え! いったい誰が買っているの?

文=今井真人/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

不動産経済研究所の調査によると、2021年10月に首都圏のマンション価格が、1990年バブル期を超えて過去最高の6,750万円となった。なかでも東京23区の平均価格は8,455万円に達しているという。いったい誰がそんな高級マンションを購入できるか不思議に思った人も多いだろう。しかし、そこには意外なカラクリがあった。今回は、8,455万円のマンションを買える人について考察してみよう。

首都圏の新築マンション平均価格が6,750万円でバブル期超え! いったい誰が買っているの?の画像1

首都圏のマンション価格は1990年のバブル超え!

評論家の間では「東京オリンピック・パラリンピックが終わればマンションバブルは崩壊する」という意見が多かったが、今、マンションの価格は高騰している。

不動産経済研究所の調査によると、2021年10月に首都圏(東京/神奈川/埼玉/千葉)で発売された新築マンションの平均価格は6,750万円。前年より10.1%も上昇しており、1990年のバブル期を超えて過去最高になった。

もちろん、6,750万円は首都圏の平均値であり、地域別に見てみると、東京23区が8,455万円なのに対し、神奈川県では5,101万円、埼玉県は4,698万円、千葉県は4,288万円となっている。

それにしても、普通のサラリーマンが3,000万~4,000万円のマンションを買うのは珍しくないが、いったい誰が8,455万円もの高級マンションを買えるのだろうか……。

首都圏の新築マンション平均価格が6,750万円でバブル期超え! いったい誰が買っているの?の画像2
東京都心のタワマンは1億円を超えるような、超高級物件が目白押し。いったいどれだけの収入があれば買えるのだろうか?

年収がいくらなら8,455万円のマンションを買えるのか?

東京23区内で8,455万円のマンションを購入するには、いったいどれだけの年収があればいいのだろうか? 

ここでは、頭金10%程度と諸費用を除き、7,500万円のローンを組む場合を想定して、SMBCの公式サイト「三井住友銀行の住宅ローン」でシミュレーションしてみよう。

条件は、返済期間を35年、固定金利で0.88%、元利均等返済でシミュレーションしたところ、月の返済額は207,545円(年2,490,540円)となった。

もちろん、住宅ローンを借りるときは金融機関の審査をパスする必要があるが、一般的には年間の住宅ローン支払額(今回は約250万円)が、年収の20~25%以内なら無理なく返済できると言われている。

したがって、年間約250万円の返済をクリアできる年収は1,250万円程度となる。もちろん、住宅ローン控除で0.7%が1…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合