NEW

実は携帯電話の「3Gサービス」が終了したあとも使えるガラケーがあるって知ってた?

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

長年、携帯電話で利用されてきた「3Gサービス」が、間もなく終了することはご存じだろう。auが2022年3月31日にサービスを終了するのを皮切りに、ソフトバンクは2024年1月末、ドコモは2026年3月31日に相次いで終了するのだ。当然、3Gサービスが終了されれば、3Gを利用するガラケー(フィーチャーフォン)は使えなくなるが、実はすべてのガラケーが使えなくなるわけではない。そこで今回は、3Gサービス終了後でも使えるガラケーについて解説しよう。

実は携帯電話の「3Gサービス」が終了したあとも使えるガラケーがあるって知ってた?の画像1(画像は「写真AC」より引用)

2022年3月から3Gサービスは順次終了! でも、いまだにガラケーを使っている人は2,200万人以上いる!!

2021年12月18日、総務省が2021年9月末時点での「電気通信サービスの契約数及びシェア」について調査した結果を発表した。それによると、3G端末(ガラケー・フィーチャーフォン)の利用者は2,237万件もいるそうだ。

しかし、長年親しまれてきた「3Gサービス」は、2022年3月31日にサービスを終了するauを皮切りに、ソフトバンクは2024年1月下旬、ドコモは2026年3月31日と相次いで終了されていく。

当然、3Gサービスが終了されれば、3Gのガラケーは使えなくなる。でも、80歳を過ぎた両親に今さらスマホを持たせるわけにはいかないし……と悩んでいる人も多いことだろう。

だが、実はすべてのガラケーが使えなくなるわけではない。ガラケーの多くは3Gにしか対応していないが、なかにはLTEやVoLTEに対応したモデルも存在するのだ。

■3Gサービス終了の時期
【au】2022年3月31日
【ソフトバンク】2024年1月下旬
【ドコモ】2026年3月31日

実は携帯電話の「3Gサービス」が終了したあとも使えるガラケーがあるって知ってた?の画像2
ガラケーユーザーはいまだに2,200万人以上いるが、auの3Gサービスは2022年3月末で終了する。80歳を超えた親に今さらスマホを持たせるわけにはいかないし、どうすればいいのだろうか?

2022年3月末終了のauは一部のiPhoneも使えなくなる!

auは、2022年3月31日に3Gサービス「CDMA 1X WIN」を終了する。これにより、CDMA 1X WIN対応機種とau VoLTE非対応のガラケーとスマホで音声通話とデータ通信が利用できなくなる。

CDMA 1X WIN対応機種にはガラケーだけなく、一部のスマホも含まれている。たとえば、LTE非対応のiPhone 4sや、au VoLTEに非対応のiPhone 5/5s/5cも利用できなくなるので注意しよう。

しかし、au VoLT…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合