NEW

コロナによる東京からの人口流出ない?テレワーク実施率2割、通勤時間短縮の傾向も

文=横山渉/ジャーナリスト
【この記事のキーワード】, ,
コロナによる東京からの人口流出ない?
「gettyimages」より

 2020年春から新型コロナウイルスが蔓延して以来、「都心から人が流出する」とか「郊外に流れる」などということがいわれた。実際はどうだろうか。総務省は11月30日、10月の住民基本台帳人口移動報告を発表しており、東京都からの転出者が転入者を3262人上回った。6カ月連続の転出超過である。東京都への人口集中が緩和されているのは間違いない。ただ、問題はその理由だ。

 ほとんどの大手メディアは新型コロナの影響であると分析している。たとえば時事通信(11月30日付)では「新型コロナウイルスの影響で都外からの流入が抑制される一方、テレワークの広がりを背景に郊外への転出が進んだとみられる」と伝えている。東京新聞(11月30日付)は「新型コロナウイルス感染を踏まえ、人が集まる東京都への転入を控える傾向が続いているとみられる」と報じている。

 しかし、冷静に考えればわかることだが、たとえ東京近郊の横浜や大宮、千葉に引っ越したところでコロナ禍を避けることは難しい。東京近郊の都市もかなりの人口密度であり、駅前やショッピングセンターなどは相当な混雑具合であることに変わりはないからだ。

 東京23区からの転出者がどこに移ったのか分析した記事がある。4月19日付の東京新聞によれば、1位が藤沢市、2位が三鷹市、3位が横浜市中区となっている。4位以下は小金井市、川崎市宮前区、川崎市高津区、千葉県船橋市、神奈川県鎌倉市、茨城県つくば市、横浜市港北区となっている。コロナが怖くて東京から脱出したという話ではないことが一目瞭然だ。

 では、なぜ、東京から人口が流出しているのか。不動産コンサルタントの長嶋修氏はこう説明する。

「東京都の人口流出、23区に限っていえば、圧倒的に外国人が多い。そもそも、新規で入国する外国人がいなくなった。日本人に限れば、流入のペースが鈍化したにすぎない。都心から郊外に移動するケースも多少はあったものの、それは都心の不動産価格が高くなりすぎたから。現在の低金利を利用して、郊外に住宅を求める人が増えた。新型コロナはほとんど関係ない。潜在的に地方移住しようと考えていた人のなかには、コロナ禍をきっかけに移住した人もいただろう。コロナがきっかけをつくったということはあるかもしれないが、民族大移動みたいな流れにはならなかった」

 総務省が毎月発表している人口移動報告だが、これには外国人の移動も含まれている。この点に着目しているメディアはほとんど見当たらない。

RANKING
  • ジャーナリズム
  • ビジネス
  • 総合