NEW

『ZIP!』視聴率が『めざましテレビ』に勝てない根本的な理由とは?

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,

 続いてリポーターが絵を描いた後に試食し、「ふわふわなスポンジとクリームが甘い桃とよく合います。チーズのムースが濃厚で、なめらかでおいしいです」と感想を述べ、「みなさんも今日の帰り道で買ってみては?」というナレーションで締めくくられていた。

 一方、同日の『ZIP!』でも同じくイブに買えるケーキ特集が組まれていたのだが、そのサイドテロップは「クリスマス 3days まだ間に合う!即買いケーキ」というもの。この「3days」は、同番組が3日間にわたってクリスマス特集を放送しているという意味だが、初めて見た人にはわかりづらいだろう。

 しかも、入りのナレーションは「まだ間に合う! クリスマス3デイズ。クリスマスイブの今日は……」と振った後、リポーターが「当日でも買えるクリスマスケーキをご紹介します」と受けてから始めるというものだった。

 紹介されたのは、パティスリーキハチなどをはじめ、『めざまし』より1つ少ない3店舗。最後に、『めざまし』でも取り上げられていた不二家の“雪だるまケーキ”が紹介されたのだが、ナレーションは、「実はこのケーキ、雪だるまの顔をチョコペンで描くことができるんです」という実にあっさりしたものだった。続けて「絵を描くのが好きだという奈緒さん、この雪だるまケーキに顔を描いてみてください」と、スタジオの女優・奈緒に実際に顔を描いてもらっていた。

 そして、実演後に、ようやく雪だるまケーキの詳細説明が始まった。絵心のある奈緒を生かしたいという意図はわかるが、どちらが親切かつコンパクトに紹介していたかは明らかだ。

 この他にも、『めざまし』が全編を通して過不足なく伝えていたのに比べて、『ZIP!』は情報の伝え方が洗練されていない箇所が多かった。番組の顔を水卜アナに代えてもなお、浮上の糸口は見つかっていないのかもしれない。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合