NEW

大手キャリアの「iPhone 13 mini」1円値下げ合戦が激化?今が新プランへの切り替え時期なのか

文=オトナライフ編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

ドコモ・auが次々と「iPhone 13 mini(128GB)」を破格で売り出すなど、大手キャリアのiPhone値下げ合戦が激化している。iPhone 13シリーズといえば、2021年9月に発売されたばかりの最新モデル。そんなモデルを叩き売り同然の値段で捌いているのは、もしかすると売れ行きが不調という噂は本当なのかもしれない。もしくはiPhone 13 miniを起爆剤に自社回線の契約者を増やす狙いがあるのだろうか。今回は、iPhone 13 mini 1円セールの詳細について詳しく見ていこう。

ドコモ対auのiPhone値下げ合戦が激化

大手キャリアの「iPhone 13 mini」1円値下げ合戦が激化?今が新プランへの切り替え時期なのかの画像1
(Image:ms_pics_and_more / Shutterstock.com) iPhone発売初期モデルのようなサイズ感が一部のユーザーで人気を集めていたiPhone 13 mini

一部の家電量販店でau版iPhone 13 mini(128GB)が1円で販売されていることが話題を呼んでいる。一足先にiPhone 13 miniを23円という破格でたたき売りしていたドコモに対抗してauはさらなる好条件でiPhone 13 miniを販売。同セールはほとんどの店舗で2021年12月31日まで開催されるようだ。

販売店によっても条件は異なるが、ネット上で紹介されていたドコモの場合では、「他社からのMNPで新規契約」「分割払いで購入」「いつでもカエドキプログラムに加入し、23カ月目に端末を返却」といった3つの条件が設けられているようだ。auは、ドコモとほぼ同等の条件に加えて、負担額が1円であることや回線契約なしでも3万円以上が割り引かれるという。

大手キャリアの「iPhone 13 mini」1円値下げ合戦が激化?今が新プランへの切り替え時期なのかの画像2
(Image:Akhenaton Images / Shutterstock.com) いまやアップルショップでiPhoneを買うのは熱心なアップルファンだけ?

2年で返却をしなければならないデメリットはあるものの、あまりの安さにドコモユーザーはauへ、auユーザーはドコモへ乗り換える人が増えそうだ。また、iPhone 13 miniを契約した後、ドコモの場合は「ahamo」、auの場合は「povo2.0」といったサブブランドに乗り換えることも可能。端末代が1円であることに加え、月々の基本料金まで抑えられるのであれば、かなりお得な契約といえるだろう。

ネットでは「iPhone 13 miniを23円でゲットすることに成功しました」と既に格安で手に入れた人や、「MNPで翌日からpovoに切り替えられるから格安運用できる」と賢くサブブランドへ乗り換えるユーザーからの声が寄せられている。また、「近場の家電量販店ではほとんどやってなかった」「奇跡的に近くのヨドバシでiPhone 13 miniセ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合