NEW

『オモウマい店』好調の裏に潜む日テレのヤバい事情…TBS『THE鬼タイジ』は爆死か

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,

弱点だらけのフジテレビ

 続いてはフジテレビだ。かつては数字が獲れないと見切ると、かなり早いタームで打ち切り、新番組を投入していたが、現在は既存の番組のブラッシュアップに腐心している。その成果は『潜在能力テスト』や『世界の何だコレ!?ミステリー』といった番組の、時ならぬ高視聴率に結びついている。いずれも、裏番組が強力でないときは視聴者が流れてくる傾向が見受けられるのだ。

「一方で、一時期はコア層の数字を持っていた『千鳥のクセがスゴいネタGP』は、裏の『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』(TBS系)の復調もあり、若干息切れしています。さらに、『ネプリーグ』『痛快TVスカッとジャパン』『奇跡体験!アンビリバボー』といった老舗番組が振るわない。TBSと同じく、ドラマが好調である点も特徴です」(同)

 また、朝の『めざまし8』は『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)に、夕方の『Live News イット!』は『news every.』(日本テレビ系)に、夜の『Live News α』は『news zero』(日本テレビ系)にそれぞれ後塵を拝しているなど、ウイークポイントは数えきれない。

コンテンツ不足に悩むTBS

 今年の大晦日夜、TBSが放送するのは『THE鬼タイジ 大晦日決戦in鬼ヶ島』。人間に襲いかかる“鬼”をプレイヤーが特殊銃で撃ち倒すシューティングサバイバルゲームで、同シリーズはこれまで4回放送されてきた。しかし、直近の9月放送のゴールデン2時間SPの個人視聴率は2.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、今回も爆死が予想される。

「このように、TBSは今、コンテンツ不足に悩んでいます。立て直しが急務なのは、来春終了が報じられている『オトラクション』、また同番組に引っ張られて低空飛行を続ける『バナナサンド』がオンエアされている、火曜19~21時のゴールデン帯。さらに、月曜夜の『アイ・アム・冒険少年』『クイズ!THE違和感』『CDTV ライブ! ライブ!』も改善が求められています。『冒険少年』はキッズ層の数字は高いものの、それ以外の支持がなかなか集まらないのが実情です。

 一方、最近放送頻度が多くなっているのが、これまでスペシャルで何度かオンエアされている番組です。内村光良の『ウッチャン式』、バナナマンによるクイズ番組『クイズ!倍買』、劇団ひとりによるバラエティ『出動!謎ときヒーロー』などが不定期にオンエアされたり、期間限定でレギュラー放送されたりしており、とにかく穴が多いゴールデンでレギュラー化したいという意図が透けて見えます。全体的に、TBSで好調なのはドラマだけという結果になっています」(同)

RANKING

11:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合