NEW

『オモウマい店』好調の裏に潜む日テレのヤバい事情…TBS『THE鬼タイジ』は爆死か

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,

 以上、4局の現状について見てきたが、これらはいずれも視聴率の面でしか論じていない。一方で、動画配信サービス「TVer」は今年8月、アプリの累計ダウンロード数が4000万を突破。10月の月間動画再生数も初めて2億回を突破するなど、今や「見逃し視聴」が主流になりつつある。また、『テレビ千鳥』もTVerのマイリスト登録者数が全バラエティ番組で1位というデータも出ている。

 そのため、今のテレビ業界を視聴率だけで切り取るのは早計かもしれないが、そんな見逃し視聴の主な目当てはドラマだ。各局ともに人気ドラマを映画化するケースが増えているように、ドラマは活況を呈しているが、その一方でバラエティの不振やコンテンツ不足が目立つのが、テレビ業界の現状である。2022年、各局はどのように生き残りを図っていくのだろうか。

(文=編集部)

●Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合