NEW

『紅白』凋落…ジャニーズ5組の一方、BE:FIRSTもJO1も出ず疑問続出

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
『紅白』凋落…ジャニーズ5組の一方、BE:FIRSTもJO1も出ず疑問続出の画像1
NHK放送センター(「Wikipedia」より)

 31日、『第72回NHK紅白歌合戦』が放送される。今年はこれまでの「紅組司会」「白組司会」「総合司会」という呼称をやめ、俳優の川口春奈と大泉洋、同局の和久田麻由子アナウンサーがそろって「司会」を担当。すでに出場者は発表されており、デビュー15年目で初出場となるKAT-TUNや、アーティスト活動40年目で単独では初出場の布袋寅泰など計10組の初出場組を含め、企画枠の東京都交響楽団なども含めると総勢約50組のアーティストがパフォーマンスを披露する。

「今年はヒット曲といえるほどの曲が少ないこともあり、出場者やゲスト審査員の顔ぶれをみてもわかるように、“目玉”がない。11月に出場歌手が発表された後も、藤井風や『さだまさし』、ケツメイシの出場が追加で発表されたが、話題にならず、逆にピアニストでユーチューバーの『ハラミちゃん』の“出演がなくなった”というニュースのほうがSNS上で大きく話題になる事態に。そして、この期に及んで松平健の『マツケンサンバII』と郷ひろみの『2億4千万の瞳』頼みというお寒い状況。

 昨年は松任谷由実とスモール3(岡村隆史・出川哲朗・田中裕二)のコラボというサプライズが少なからず話題となったが、今年はまだサプライズとして可能性があるものとしては、メジャーリーガーの大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)と日本ハムファイターズ新監督の新庄剛志、『新しい地図』(稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾)の登場くらい。大谷の登場はかなり微妙だとみられている一方、新しい地図のほうは9月にMCを務めるNHK Eテレの番組(『ワルイコあつまれ』)がスタートし、さらに草なぎは『ブラタモリ』のナレーションを担当したり大河ドラマ『青天を衝け』に出演するなどNHKへの貢献度が高いため、“ひょっとすると”と注目を集めている。ただ、果たしてこの3人が出たところで、どれだけ世間的に話題になるかは未知数だろう」(テレビ局関係者)

『紅白』といえば毎年、ジャニーズ事務所所属グループの出場組数、いわゆる“ジャニーズ枠”が注目されるが、今年はKing&Prince、KAT-TUN、SixTONES、Snow Man、関ジャニ∞の5組が顔をそろえる。

「ジャニーズ以外の男性グループは、バンドを除くとGENERATIONSと純烈の2組のみ。また、ジャニーズからは5組も出る一方、人気急上昇中のBE:FIRSTやINI、JO1の名前はなく、さらにいまや全国区の人気を誇るBOYS AND MENやDa-iCEなどもいまだに出場を果たせず、ファンからは人選に疑問の声があがっている」

『紅白』の終わりの始まり?

 一方、かつては国民的番組ともいわれた『紅白』をめぐる変化を指摘する声も。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合