NEW

史実に忠実/歪曲?『ウマ娘』競馬ファンに賞賛派・アンチ混在のワケ…根深い問題も

文・取材/A4studio
『ウマ娘 プリティーダービー』のHPより
『ウマ娘 プリティーダービー』のHPより

 実在した競走馬を美少女化したキャラクター・ウマ娘たちが人気となり、ゲームやアニメが大ヒット中のメディアミックス作品『ウマ娘 プリティーダービー』。10月末時点のスマホアプリのダウンロード数は1100万を突破し、12月に放送された『2021 FNS歌謡祭』(フジテレビ系)にもウマ娘を演じるキャスト7名が出演するなど、話題が尽きないコンテンツだ。

 そんな『ウマ娘』の魅力は、美少女化した競走馬たちのキャラクター性ももちろんだが、史実の競馬に対する熱いリスペクトにもある。劇中に登場するウマ娘には、モデルとなった競走馬の性格やエピソードが反映されており、シナリオやレースの多くは史実に則った内容となっている。こうした競走馬に対しての敬意を忘れない姿勢が功をなし、競馬を知らないライト層だけではなく、生粋の競馬ファンのなかにも本作を高く評価する人は多いようだ。

 しかし、すべての競馬ファンが温かく応援してくれているわけではなく、『ウマ娘』に批判的なスタンスの競馬ファンがいるのも事実。ネット上では、“美少女化しているため実際の競馬とは別物に見える”“史実を歪曲している”といった否定的な意見も目立つ。

 また11月10日には、運営元である「Cygames」が“著しく競走馬のイメージを損なう二次創作が見受けられる”として、二次創作のガイドラインを厳格に指定したことが話題となった。ネット上でファンから非難されている性的嗜好を煽るような過激な二次創作に対して、運営側もかなりデリケートになっているようだ。

 このように『ウマ娘』には、“史実をリスペクトするウマ娘を支持している競馬ファン”と、“史実には則っているかもしれないがウマ娘には否定的な競馬ファン”という、大きくふたつの派閥の存在を確認できる。そこで、今回は競馬評論家・血統研究家である生駒永観氏に、『ウマ娘』のリスペクト表現に対する競馬ファンや競馬関係者の率直な反応について聞いた。

競馬関係者としても『ウマ娘』のリスペクト表現はアリ?

 そもそも、競馬関係者として実際の競走馬が擬人化して美少女になっていることに抵抗はないのだろうか。

「『ウマ娘』というコンテンツを初めて知ったときは、さすがにビックリしました。牝馬(雌の馬)だけでなく牡馬(雄の馬)まで美少女化しているのかと。最初は抵抗がありましたが、競馬業界にもウマ娘ブームが到来していたので、とりあえずスマホアプリをダウンロードし、その後テレビアニメも観てみました。すると、思っていた以上に史実に忠実だったり、キャラクターの育成やレースが面白かったりしたので競馬へのリスペクトは感じられましたね。ですから現在はあまり違和感ないですし、当然私は批判的な気持ちもありません」(生駒氏)

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合