NEW

話題のペーパーフィルター不要のコーヒーメーカー、ビビるほど美味いが難点も

取材・文=ゆはやうあ/A4studio
BODUM「フレンチプレスコーヒーメーカー」
外箱はシックなデザイン

 新型コロナウイルス流行の影響で生まれた“おうち時間”で、ティータイムにこだわりたいと思うようになった方も多いのではないだろうか。

 そんな人にぴったりなのがBODUMの「フレンチプレスコーヒーメーカー」。こちらはペーパーフィルターがいらないというのがウリのドリップコーヒーメーカーで、コーヒーブレイクをちょっと豊かにしてくれるアイテムとなっているのだ。

 BODUMは、1944年にデンマークで創業したキッチンウェアブランド。多くのキッチン用品を取り扱っているが、そのなかでも創業当時から販売していたコーヒーメーカーには、特に力を注いでいる。特徴的なのは、コーヒーメーカーはペーパーフィルターのいらないフレンチプレス式のみを販売していること。公式HPでは69種類のコーヒーメーカーが販売されているが、すべてフレンチプレス式が採用されている。

 今回はアマゾンの「プレスコーヒー部門」で1位を獲得している「BODUM KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー500ml」(税込3850円)を体験。ペーパーフィルターなしで淹れた、フレンチプレス式コーヒーは本当に美味しいのか。また、ペーパーフィルターを使って淹れたコーヒーと比べてどんな違いがあるのか、忖度なしでレビューしていこう。

ワンランク上のコーヒーを淹れられる?

 そもそもフレンチプレスとは、フランスで生まれたコーヒー抽出方法。家庭用のドリップコーヒーの淹れ方といえば、ペーパーフィルターを用いた方法を思い浮かべる方が多いだろうが、この方法だとペーパーフィルターがコーヒーの油分を濾し取ってしまう。

 一方フレンチプレスは、フィルターに金属を使用しているため、コーヒーの油分をしっかりと残したコクのあるコーヒーを淹れることができるのだ。特別な手間をかけずとも、ワンランク上のコーヒーを楽しめることから、人気の淹れ方となっている。

 では、「BODUM KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー500ml」の箱を開封していこう。中には説明書と計量スプーン、シンプルで洗練されたデザインのコーヒーメーカー本体が入っていた。

話題のペーパーフィルター不要のコーヒーメーカー、ビビるほど美味いが難点もの画像1
中身は3点

 コーヒー1杯分にあたる120mlのお湯を沸かし、その間に豆を準備する。粉が細かすぎると、フィルター部分から溶け出してしまう恐れがあるとのことだったので、今回は粗挽きのモカを用意した。

 そして、本体からフィルターを外し、空のビーカー部分に豆を投入していく。付属の軽量スプーンの大きさがコーヒー1杯分(約7g)になっているので、すりきり一杯を投入。特別、計量する必要がない点は便利でありがたい。

話題のペーパーフィルター不要のコーヒーメーカー、ビビるほど美味いが難点もの画像2
軽量スプーンにも7gの表記あり

 そうこうしているうちにお湯が沸く。ビーカーにお湯を注ぐと、“コーヒーの粉がお湯に浮いてくる”という見慣れない光景が広がる。

話題のペーパーフィルター不要のコーヒーメーカー、ビビるほど美味いが難点もの画像3
豆に含まれる油分が浮き出ているのが分かる
RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合