NEW

おじさんがいまだに「ガラケー」を使い続けている納得の理由とは?若年層には理解できないかも

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年3月にはauが3Gサービスを停止するのを皮切りに、その後、ソフトバンクやドコモも相次いで3Gサービスを終了するのはご存じだろう。だが、いまだにガラケーを利用している人は2,200万人以上もいるという。何を隠そう筆者もガラケー愛用者の1人で、スマホと2台持ちを続けている。最近、IT関係の仕事をしていると、若者から“アナログなおじさん”と奇異な目で見られてしまうが、それでも筆者が、いまだにガラケーを捨てられないのは、若者には分からない理由があるのだ。それは……。

ガラケーは確実に終了へと向かっているが……

おじさんがいまだに「ガラケー」を使い続けている納得の理由とは?若年層には理解できないかもの画像1

2021年12月18日、総務省が2021年9月末時点での「電気通信サービスの契約数及びシェア」について調査した結果を発表した。それによると、3G端末(ガラケー・フィーチャーフォン)の利用者は2,237万件もいるそうだ。

しかし、長年、携帯電話で利用されてきた「3Gサービス」も間もなく終了するのはご存じだろう。auが2022年3月31日にサービスを終了するのを皮切りに、ソフトバンクは2024年1月末、ドコモは2026年3月31日に相次いで終了するのである。

携帯電話の3Gサービス終了については→こちらで詳しく解説しているので確認してほしい。

というわけで、時代の流れは確実にガラケー終了へ向かっているが、筆者はずっとドコモのガラケーと格安SIMのスマホの2台持ちを続けている。もちろん、ガラケーが壊れるか、2026年3月でドコモが3Gサービスが終了するまでは使い続けるつもりだ。

さすがに、最近IT関係の仕事をしていると、若者から奇異の目で見られてしまうが、筆者がガラケーを捨てられないのにはちゃんとした理由がある。そこで今回は、おじさんの筆者がいまだにガラケーを使い続ける理由を紹介したいと思う。

おじさんがいまだに「ガラケー」を使い続けている納得の理由とは?若年層には理解できないかもの画像2
確実に滅びの道を歩んでいるガラケー。それでもおじさんの筆者がいまだにガラケーを捨てられない理由とは?

(画像は「写真AC」より引用)

ガラケー&スマホの2台持ちの月額料金はいくら?

50歳を過ぎたおじさんの筆者が、長年愛用しているガラケーは2011年12月発売のNEC「N-03D」。折り畳み式の典型的なドコモのガラケーだ。そして、スマホは「OPPO Reno5 A(デュアルSIM版)」に買い替えたばかりである。

ガラケーの料金プランは「FOMAタイプシンプルバリュー」で月額1,483円だが、10年超割などが適用され743円に。これに300…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合