NEW

臨時列車「サンライズ出雲91号」に乗ってみた! 通常列車とは何がどう違う? やっぱりソロはシングルより狭い?

文=植村照明/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

現在、唯一の定期運行寝台特急「サンライズ出雲」。鉄道ファンならずとも、秘密基地感覚で大人が楽しめると大人気だ。そのサンライズ出雲は、GWや年末年始には通常列車に加えて臨時列車が運行されているのをご存じだろうか? 停車駅や移動時間なども通常列車とは異なるうえ、年に8本しかない希少性から、鉄道ファンの間では臨時列車のほうが人気があるらしい。そこで今回は、実際に筆者が2021年12月30日の臨時列車「サンライズ出雲91号」に乗ってみたぞ!

サンライズ出雲は繁忙期に臨時列車が出るの知ってた?

臨時列車「サンライズ出雲91号」に乗ってみた! 通常列車とは何がどう違う? やっぱりソロはシングルより狭い?の画像1

日本で唯一の定期運行寝台特急「サンライズ出雲」は毎日運行されており、2021年3月13日のダイヤ改正以降、下りは夜21時50分に東京駅を出発、翌朝9時58分に終点の出雲市駅に到着する。

上りは18時51分に出雲市駅を出発し、途中の大阪駅でも乗車可能で翌朝7時8分に東京駅に到着する。いずれも約12時間もかかる長旅だ。

そんなサンライズ出雲だが、繁忙期には臨時列車が編成されている。たとえば、2021年のGWは4月30日と5月5日に東京駅22時11分発→出雲市駅13時7分着の下り「91号」が、出雲市駅15時33分発→東京駅6時23分着の上り「92号」は、4月29日と5月4日に運行された。

また、年末年始は2021年12月30日と2022年1月3日に、東京駅22時21分発→出雲市駅13時5分着の「91号」が、2021年12月29日と2022年1月2日は、出雲市駅15時33分発→東京駅6時23着の「92号」が運行されている。

臨時列車は、運行時間帯の都合で通常列車よりも時間がかかり、乗車時間はなんと約15時間! それでも鉄道ファンには「通常より3時間も長く乗っていられる!」と好評らしい。

さほど熱心な鉄道ファンではない筆者にすれば、通常列車のほうが良かったのだが、今回はたまたま2021年12月30日発の臨時列車「サンライズ出雲91号」の「ソロ」に乗ることになってしまったので、そのレポートをお届けしよう。

臨時列車「サンライズ出雲91号」に乗ってみた! 通常列車とは何がどう違う? やっぱりソロはシングルより狭い?の画像2
サンライズ出雲は、東京駅-出雲市駅間を毎日走る貴重な寝台特急。列車内部は2階建て構造になっており、通常列車はサンライズ瀬戸も連結しているので14両編成になっている(写真は通常列車)

不覚にも初歩的なミスで「10時打ち」に失敗! 

サンライズ出雲のチケットの基本的な取り方は→こちらで確認してほしいが、現在はJR西日本の「JRおでかけネット」から、のびのびシートだけでなくA寝台、B寝台の個室も予約可能となっている。

筆者も事前にJRおでかけネ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合