NEW

神田沙也加さん、死去前に前山剛久から罵声か、文春報道…前山、芸能活動継続が困難か

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,
神田沙也加さん、死去前に前山剛久から罵声か、文春報道…前山、芸能活動継続が困難かの画像1
神田沙也加さんのTwitterより

 

 歌手で女優の神田沙也加さんが亡くなる少し前、交際相手とされる俳優の前山剛久から強い言葉で罵倒される様子を録音した音声の内容を、5日付「文春オンライン」記事が報じている。

 沙也加さんは先月18日、公演中の「マイ・フェア・レディ」に出演のため滞在していた札幌市内のホテル高層階から転落し屋外スペースで倒れているところを発見され、病院に搬送されたが、死亡が確認された。自殺の可能性も取り沙汰されていたが、沙也加さんの所属事務所は「転落の原因につきましては、神田本人の名誉と周囲の方々への影響を踏まえて公表を控えたく、お含みいただけましたら幸いです」とのコメントを発表している。

 沙也加さんが亡くなった直後から、複数のメディアが、沙也加さんが「マイ・フェア・レディ」で共演する前山と交際中であり、沙也加さんが2人の関係について悩んでいたと報じていた。前出「文春オンライン」記事によれば、話し合いのなかで沙也加さんが前山から罵声を浴びせられていたという。

「『文春』は先月にも、沙也加さんが前山、そして彼が関係を持っていた別の女性との三角関係に悩んでいたと、かなり突っ込んだ報道をしたが、スポーツ紙や他の大手出版社系の週刊誌では後追いはほとんどなかった。前山が有力な大手芸能事務所所属ということもあり、どのメディアも配慮したのではないかといわれている」(週刊誌記者)

 前山は沙也加さんの5歳年下で現在30歳。その名前は一般的にはそれほど認知度は高くないが、ここ数年は“2.5次元俳優”として人気が上昇中だ。2010年に「D-BOYSスペシャルユニットオーディション」で最終候補者に残ったのをきっかけに、翌11年に「ミュージカル 忍たま乱太郎」でデビュー。現在は、20年に女優の山本美月と結婚した瀬戸康史や和田正人、山田裕貴、志尊淳などの人気俳優が所属する男優集団「D-BOYS」に所属。最近人気が高まっている“2.5次元俳優”として主に舞台で活動しており、「刀剣乱舞」(2018年、19年)、「ヒプノシスマイク」(20年、21年)など話題作にも出演。

 そして昨年8~9月に上演されたミュージカル「王家の紋章」での共演をきっかけに、沙也加さんとの仲を深めていったとされる。

「少なくても昨年に入った頃の段階では、沙也加さんは元ジャニーズJr.の秋山大河と交際していたとみられる」(週刊誌記者)

 沙也加さんは前夫で俳優の村田充との離婚が発表される前の19年12月に、ジャニーズJr.のグループ「MADE」に所属していた秋山との交際が報じられ、沙也加さんは秋山との熱愛報道直後に村田と離婚済みだと発表。この件をきっかけに、ジャニーズ事務所は秋山に退所という厳しい対応を行った。

母・松田聖子との確執

 これまで数えきれないほどの熱愛スキャンダルで世間を騒がせてきた母で歌手の松田聖子と同じく、沙也加さんもまた“恋多き女性”として知られてきた。

「村田や秋山以外でも、複数の俳優やミュージシャンとの熱愛が報じられ、週刊誌の誌面に2ショット写真が掲載されることも少なくなかった。特に18歳のときに12歳年上のギタリストとは結婚も視野に入れていたものの、母・松田の猛反対にあったというのは有名な話」(週刊誌記者)

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合