NEW

乃木坂・櫻坂・日向坂がラジオ界を席巻している理由…凄まじい人気の秘密とは

文=編集部
【この記事のキーワード】, , ,
「乃木坂46のオールナイトニッポン」より
乃木坂46のオールナイトニッポン」より

 乃木坂46櫻坂46、日向坂46の坂道3グループが今、ラジオ界を席巻している。担当番組は合計27本。そこにはどんな戦略が、そして人気の秘密が隠されているのだろうか。

“噛み噛み女王”から有吉も驚愕の話し手まで

 乃木坂46の担当ラジオ番組は、メインパーソナリティを張る番組からアシスタント出演まで、すべて合わせると16本。それも関東だけではなく、北海道の放送局AIR-G’(FM北海道)や山梨県を放送対象とするFM FUJI、中京圏をネットするCBCラジオ、関西MBSラジオなど、幅広い地域をカバーしている。

 1期生として活躍し、現在はキャプテンを務めている秋元真夏が単独出演しているのが『秋元真夏(乃木坂46) 卒業アルバムに1人はいそうな人を探すラジオ サンデー』(文化放送)、通称『卒アルラジオ』だ。日曜19時から20時までのトーク番組だが、ここで彼女の“噛み癖”が炸裂している。

「アドバイしゅ」「しゅペシャル」「はまままつ町」といった、噛みっぷりが話題になっているのだ。2021年12月26日の放送では、熱心なリスナーによる集計調査によって、4月の開始以来、放送39回で噛んだ回数が743回にのぼることが判明。秋元は反省しつつも「来年は500回に減らす」と公約していた。だが、年明け一発目、1月2日の放送は昨年の録音ではあったが、冒頭でいきなり「2022年、令和4月1日」と、ありえない原稿読みをしてしまう。しかし、秋元は「まだ500分の1です」と開き直っていた。

 そんな愛すべきキャプテンとは好対照の、生まれ持っての“しゃべり手”もいる。2期生の山崎怜奈だ。20年10月から始まった『山崎怜奈の誰かに話したかったこと。』(TOKYO FM)では、月曜から木曜の13時から14時55分まで約2時間の生放送を担当している。慶応大学を卒業した、乃木坂屈指の才女による縦横無尽のフリートークは必聴だ。

 そんな山崎のDJ然とした堂々たるしゃべりを評価していたのが有吉弘行。ロケバス移動の際にラジオから流れてきた彼女のトークに「どういう人生送ったら、あんな上手にできんのかなと思った」ということを、21年1月のラジオ番組『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で話していた。山崎の声は車中のラジオには打ってつけで、まさにドライブの恋人だ。

 さらに、19年4月から『乃木坂46のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)のメインパーソナリティを担当している新内眞衣も、乃木坂の“ラジオ班”に欠かせない1人だ。しかし、新内は今年1月末で卒業を予定している。

「新内の卒業後も、『乃木坂46のオールナイトニッポン』は別のメンバーが引き継ぐそうです。これは櫻坂46にも言えることですが、新たな人材を育てるためでしょう。現在、4期生の柴田柚菜が担当している『金つぶ』(bayfm78)のアシスタントMCは、かつては衛藤美彩、山崎怜奈、北川悠理が務めていました。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合