NEW

『鎌倉殿の13人』三谷幸喜がどう料理するか楽しみな歴史的ポイントとは?

文=井戸恵午/ライター
【この記事のキーワード】, ,
「NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」より
NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』」より

 今年のNHK大河ドラマは『鎌倉殿の13人』である。

 鎌倉幕府の二代執権とされる北条義時を主人公に武家政権の形成過程を描く作品であり、大河ドラマとしては61作目となる。原作はなく、脚本は同じくNHK大河ドラマの『新選組!』『真田丸』を手がけた三谷幸喜が務める。それだけに、時代考証を踏まえつつもわかりやすい、独特のコメディタッチも残した作品となるのではないかと期待するところである。

 さて、初期の鎌倉幕府が大河ドラマで描かれる場合、『源義経』『新・平家物語』『炎立つ』『義経』など、治承・寿永の乱、いわゆる「源平合戦」にフォーカスしたものが多い。そのためか、平家滅亡後の武家政権成立過程については、北条政子を主人公とした『草燃える』はあるものの、ほとんど取り上げられることがなかったと言ってよい。

 その中で本作は、治承・寿永の乱から13人の合議制を経て承久の乱までを取り上げようとしている。また、主人公にその渦中にあった北条義時を据えることで、真正面からこの時代を描こうとする意欲的な作品であるように見える。

 ただ、当該期については不案内という方も少なくないだろう。そこで今回は、『鎌倉殿の13人』で描かれる時代を「治承・寿永の乱」「13人の合議制」「承久の乱」の3期に分け、それぞれの時期の概要を述べながら、見どころについてお伝えしていきたい。

1.治承・寿永の乱

 治承・寿永の乱とは、治承4年(1180年)から元暦2年(1185年)までに争われた内乱を指す。いわゆる「源平合戦」と呼ばれるもので、後白河法皇の子である以仁王が平家を打倒するべく挙兵したことに端を発する。これはほどなく鎮圧されてしまうが、平家追討を命じる令旨が伊豆に配流されていた頼朝の下にも届いたことにより、関東にも波及する。頼朝は挙兵し、その舅である北条時政は一門を挙げてこれに加わった。もちろん、その中には北条義時の姿もあったという流れである。

 この時期の見どころとしては、頼朝に挙兵を決断させるまでの様子、また挙兵後の石橋山の戦いで大庭景親に敗北するところであろう。海路、安房へと落ち延びる頼朝をはじめ、それぞれが落ち延びるのだが、今までは頼朝視点で描かれることが多かったこのあたりのまでの流れが、義時視点で再構成されるであろうことは興味深い。

 たとえば、この石橋山での敗戦から落ち延びる中で兄・宗時が討たれたことなども描かれよう。安房から北上しつつ、各地の武士団を糾合して勢力を増した頼朝勢は鎌倉へと入る。また、討伐に来た平家方を富士川の戦いで破り、関東の地盤を固めていく。

 また、後白河法皇の求めにより木曽義仲を打倒、そして平家を滅亡へと追い込むことに成功する。その過程で受けた「寿永二年十月宣旨」によって、関東の支配権を朝廷より公認されることになる。

RANKING
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合