NEW

吉野家・すき家・松屋、不評続出の6品とは?「食感がゴムみたい」と厳しい声も

文=A4studio
【この記事のキーワード】, ,
吉野家の店舗
吉野家の店舗

 牛丼の大手チェーンといえば、“牛丼御三家”とも呼ばれる「吉野家」「すき家」「松屋」を思い浮かべる人が多いだろう。

 リーズナブルな価格でお腹を満たしてくれるという点が共通している“牛丼御三家”だが、1社1社に注目すると、それぞれ消費者に異なったアプローチをしていることがわかる。

 まず、最大手のすき家は従来の牛丼チェーンのイメージを覆そうと、ファミリー層や女性層をターゲットに定めた結果、大成功した。吉野家は100年以上受け継いできたこだわりの味わいをアピール。松屋はファンの目を惹くような変わり種の期間限定メニューをたびたび出して、注目を集めている。一口に“牛丼チェーン”と言っても、各社に個性があるのもおもしろいところではないだろうか。

 そんな“牛丼御三家”には、魅力的な商品が多く存在することはご存知の通り。しかし、中には人を選ぶメニューもあるのも、また事実だ。そこで今回は、今冬の要注意な商品を6つ紹介。利用する際の参考になれば幸いである(価格は税込み)。

吉野家/鰻重(1枚盛)/866円

 まず紹介したいのが、2019年5月掲載の「吉野家・すき家・松屋で今、買ってはいけない“地雷”メニュー6選!高いのにガッカリ!」をはじめ、過去に何度か選出している吉野家の「鰻重(1枚盛)」だ。過去記事では「たれの味が濃い」「鰻がぱさぱさ」といった意見を取り上げたが、今回は「脂っこすぎる」といった意見についてお伝えしたい。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の6品とは?「食感がゴムみたい」と厳しい声もの画像2

 実際に食べてみると、まず鰻らしからぬプニプニとした食感に違和感を覚える。脂が過度に残ってしまっているようで、人によってはかなり苦手なのではないだろうか。また、ぱさぱさした鰻をカバーしようとするかのようにたれの味が濃いのも気になる。

“牛丼御三家”の中でも、レギュラーメニューとして鰻を提供しているのは吉野家だけのため、手軽に鰻を食べられるという点は非常にうれしいが、期待しすぎると実際の味わいにギャップを感じてしまうかもしれない。

吉野家/豚丼(並盛)/387円

 続いては、同じく吉野家の「豚丼(並盛)」。実は豚丼のラインナップも豊富な吉野家だが、肝心の味わいについては「食感がゴムみたい」「脂っこい」など、厳しい意見があがることも……。

吉野家・すき家・松屋、不評続出の6品とは?「食感がゴムみたい」と厳しい声もの画像3

 実際に食べてみると、豚肉は噛むほどに旨味があふれ出す。濃厚な脂身が食欲を爆発させる、“ご飯が何杯もいけてしまう”ような味わいなのだが、脂が多いのか脂身は過度にプニプニしている印象。それでいて、肉部分はなぜかかなり固い。

 醤油ベースの味付けは豚肉との相性も良く、牛丼に勝るとも劣らないおいしさだけに、食感の悪さが残念。さっぱりとした丼ものを食べたい人には要注意といえるだろう。しかし、脂身が多いお肉やこってりとした味わいがお好みの読者ならば、十分おいしく食べられるかもしれない。好みによって評価の分かれる一品と言えるだろう。

RANKING
  • ヘルス・ライフ
  • ビジネス
  • 総合