NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

なぜ今は「野木亜紀子の時代」なのか?常に現実の半歩先を行くドラマの数々

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, ,
「金曜ドラマ『MIU404』 - TBSテレビ」より
金曜ドラマ『MIU404』 – TBSテレビ」より

 1月2~3日にかけて、野木亜紀子脚本の刑事ドラマ『MIU404』(TBS系)が再放送された。

 2020年に放送された本作は、事件の初動捜査を行う機動捜査隊(以下、機捜)の活躍を描いたバディモノの刑事ドラマだ。主人公は、働き方改革の一貫として新たに設置された第4機動捜査隊でコンビを組む、「野生のバカ」と言われる運動神経バツグンの伊吹藍(綾野剛)と、「自分も他人も信じない」と語る観察眼と社交性に優れた志摩一未(星野源)。

 基本的に物語は1話完結で、煽り運転、ブラック労働、女性の貧困、外国人技能実習制度、若者の薬物汚染、裏カジノといった現代的なテーマが盛り込まれた、社会性と娯楽性を両立した社会派エンターテインメントドラマに仕上がっていた。

現実化することも多い野木亜紀子ドラマ

 脚本を担当する野木亜紀子は、出世作となった『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系、以下『逃げ恥』)の成功で大きく注目されるようになった人気脚本家。『逃げ恥』以降はオリジナルドラマを精力的に執筆しており、新作が放送されるたびに大きな話題となっている。日本のテレビドラマの作り手の中で、現在、最も新作に注目が集まるドラマ脚本家と言って間違いないだろう。

 筆者は2021年の7月に刊行された評論集『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)に執筆者の一人として参加した。『逃げ恥』や『MIU404』といった7本の野木亜紀子作品について論じた本書を読んで改めて感じたのは、タイトルの通り、現代は「野木亜紀子の時代」なのだということである。

『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)
『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)

 刑事ドラマや恋愛ドラマといった枠組みの中で、女性差別、ブラック労働、有害な男らしさ、といった現代日本に蔓延する社会問題を積極的に導入することで作品の強度を上げてきた野木亜紀子のドラマは、その存在自体が現代日本を理解する上での貴重な見取り図だと言える。

 また、彼女のドラマの中で描かれたことが数年後に現実化するということも多い。

 たとえば、2018年に放送された法医解剖医を主人公にした刑事ドラマ『アンナチュラル』(TBS系)の第1話「名前のない毒」では、サウジアラビアから帰国した会社員がMARSコロナウイルスに感染して死亡したことによって、日本中にパンデミックに対する不安が広がっていく様子が描かれている。街中を歩く人々は全員マスクを着用し、「PCR法での検出」という言葉が登場する様子は、リアルタイムで観たときはSFの世界みたいだと感じたが、今観ると、2020年に新型コロナウイルスが広がっていく様子を予見していたかのようである。

 また、筆者が『脚本家・野木亜紀子の時代』の中で論じた2018年のドラマ『フェイクニュース』(NHK)のラストシーンでは、県知事選の候補者が選挙演説を行うショッピングモールに「難民受け入れ」をめぐって対立する賛成派と反対派の団体が乱入し、激しい抗争を繰り広げる場面がある。放送当時はやや唐突に思えた展開だったが、このシーンも今観ると、2021年1月6日にドナルド・トランプ大統領の熱狂的な支持者が、ジョー・バイデンが次期大統領に就任するのを妨害するために起こした連邦議会議事堂襲撃事件を連想させる。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合