NEW
成馬零一「ドラマ探訪記」

『アンナチュラル』にはない唯一無二の魅力…『MIU404』が特別な作品となった理由

文=成馬零一/ライター、ドラマ評論家
【この記事のキーワード】, , ,
「金曜ドラマ『MIU404』 - TBSテレビ」より
金曜ドラマ『MIU404』 – TBSテレビ」より

※前編はこちら。

MIU404』(TBS系)はもともと全14話で、2020年4月から放送が始まり、東京オリンピック・パラリンピック開催直前まで放送される予定だった。

 しかし、コロナの影響で撮影が一時中止となり、第1話の放送も6月26日まで延期され、全11話に短縮された。撮影が止まった影響でスケジュールは圧迫され、当初のプランが大きく変わったことは本編を観ていると想像ができる。何より、オリパラが1年延期されたことの影響は大きかったのではないかと思う。

 たとえば最終話(第11話)の冒頭にはオリンピック開催に反対する人々が登場し、志摩一未(星野源)がオリパラの影響で街がキレイになる一方、排除されるホームレスがいることを指摘する場面がある。もしかしたら本来の最終話では、オリパラをめぐる本格的な物語が用意されていたのかもしれない。

『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)
『脚本家・野木亜紀子の時代』(blueprint)

 タイトルの「MIU(ミュウ)404」は、機動捜査隊を意味する「Mobile Investigative Unit」と、主人公の伊吹藍(綾野剛)と志摩のコールサイン「404」から取られたものだ。同時に、インターネット上に存在しないページを示す「404 not found」(404エラー)とのダブルミーニングになっており、「存在しない」ことにされている事件や社会的弱者を表していた。だが、皮肉なことに当初の物語自体が「404 not found」となってしまった。

 コロナ禍の影響もあってか、本作の構成は歪で、物語の純粋な完成度だけで言うならば、同じチームで作られた『アンナチュラル』(TBS系)より一段落ちるというのが正直な印象である。ただ、『アンナチュラル』にはない唯一無二の魅力が『MIU404』にはある。

 コロナ禍に直面した脚本の野木亜紀子たちドラマの作り手が、いかにして2020年の現実と対峙したかという、リアルタイム・ドキュメンタリーとしての魅力である。

『MIU404』ラスト2話が描いたものとは

 それが最も強く表れていたのが、久住(菅田将暉)との対決が描かれた10~11話だ。

 久住は違法ドラッグ「ドーナツEP」の元締めとして登場する謎の男。違法カジノを経営するエトリ(水橋研二)を裏から操っていたが、彼が逮捕されると、爆弾を搭載したドローンで殺害する。久住を追う伊吹と志摩は動画配信者の特派員REC(渡邊圭祐)を通してPC越しに正体を探ろうとするが、逆に刑事だとバレてしまう。

 久住はRECのPCをハッキングし、ドローンを用いた連続爆破テロの虚偽映像をSNS(つぶったー)で拡散する。「テロ実行犯はメロンパンの車に偽装!目撃者求む!!!#MIU404」というつぶやきが拡散され、#MIU404というハッシュタグがSNSにあふれかえる。

 他の野木亜紀子作品と同じように『MIU404』はSNS(ツイッター)で多くつぶやかれていた作品だったのだが、このシーンが放送されたときは現実のツイッターでも#MIU404という言葉が多数拡散され、その時間のトレンド第1位となった。

『テレビドラマクロニクル 1990→2020』 昭和の終わりとともに世紀末を駆け抜けた1990年代の旗手・野島伸司。マンガ・アニメとの共鳴で2000年代の映像表現を革命した堤幸彦。若者カルチャーの異端児から2010年代の国民作家へと進化を遂げた宮藤官九郎。平成を代表する3人の作品史をはじめ、坂元裕二、野木亜紀子などの作家たちが、令和の現在に創作を通じて切り拓いているものとは――? バブルの夢に浮かれた1990年からコロナ禍に揺れる2020年まで、480ページの大ボリュームで贈る、現代テレビドラマ批評の決定版! amazon_associate_logo.jpg
RANKING
  • 連載
  • ビジネス
  • 総合