NEW

ゆうちょ銀行が現金取り扱い手数料導入で「小銭貯金」をすると損する3つの理由

文=佐野陽高/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

日本全国、どんな田舎でも利用できる金融機関として親しまれている「ゆうちょ銀行」。しかし、2022年1月17日から、現金を扱った払込みやATM手数料などが値上げさることになったのをご存じだろうか? そこで今回はゆうちょ銀行の手数料改定について詳しく解説しよう。大量の硬貨の取り扱いでも手数料がかかることがあるので、今すぐ田舎の両親にも教えてあげよう!

 

2022年1月17日からゆうちょ銀行の手数料が大幅改定!

日本全国に2万4,000店、ATM設置台数3万1,900台、通常貯金口座数1億2,000万口座(2021年3月末時点)を誇る「ゆうちょ銀行」。どんな田舎でも利用できる金融機関として親しまれているのはご存じだろう。

だが、そんなゆうちょ銀行も、長引く不況のなか経営見直しを迫られており、2022年1月17日から、現金を使った払込みなどの手数料が改正されたり新設されることになった。

今後は、窓口やATMでの払込みでも現金を使うと110円の手数料が加算されるほか、51枚以上の小銭を預入れると枚数に応じた手数料を取られることになる。

通帳やキャッシュカードを利用して払込む場合の料金に変更はないのは幸いだが、今後、郵便局で現金を使った預入れや払込みを行う場合は注意が必要となる。

また、貯金箱でコツコツと小銭を貯めている場合、大量の硬貨をゆうちょ銀行に持ち込んで入金するとき、手数料を取られてかなり目減りすることになる。

そこで今回は、ゆうちょ銀行の手数料改定について、その詳細を解説しよう。ゆうちょ銀行でムダに手数料を取られないように、今すぐ田舎の両親などにも教えてあげて!

ゆうちょ銀行が現金取り扱い手数料導入で「小銭貯金」をすると損する3つの理由の画像1
今後ゆうちょ銀行の窓口やATMにおいて、現金で払込みをすると110円の手数料が加算される。通帳やキャッシュカードで払込むほうがお得だ

【1】現金での払込みは手数料が110円高くなる!

今回の改正でまず気を付けたいのが、現金での払込みだ。2022年1月17日以降に窓口やATMにおいて払込みを行うと、現金の場合は1件ごとに手数料が110円ほど加算される。

たとえば、窓口で5万円未満の払込みを行なう場合、通帳やキャッシュカードからなら手数料は203円だが、現金を使うと手数料は313円となるのだ。

また、「料金受取人負担」の払込取扱票による払込みで、受取人が払込み料金を負担する場合でも、払込人が110円を支払うことになるので注意しよう。

ゆうちょ銀行が現金取り扱い手数料導入で「小銭貯金」をすると損する3つの理由の画像2
今後、ゆうちょ銀行で払込みをするとき、口座(通帳やキャッシュカード)のほうが、現金からより手数料が110円ほど安くなる

【2】硬貨を51枚以上持ち込むと手数料を取られる!

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合