NEW

どうして60歳以上のおじさんのマイナンバーカード取得率は高い? 若者には分からない納得の理由とは……

文=藤原博文/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2021年12月時点で39.9%しか普及していない「マイナンバーカード」。2022年1月からはマイナポイント第2弾もスタートしたので、もう少し取得率も高くなると思われるが、実はマイナンバーカードは若い男子よりも60歳以上のおじさんのほうが取得率が高いのをご存じだろうか? でも、どうしてデジタルネイティブな若者ではなく、アナログなおじさんのほうが取得率が高いのか? ここでは若者には分からない納得の理由を考察してみよう。

そもそもマイナンバーカードはどうして普及しないのか?

2022年1月からマイナポイント第2弾もスタートして話題となっている「マイナンバーカード」だが、総務省のデータによると、2021年12月1日時点での交付枚数は約5,057万枚で交付率は39.9%である。

マイナンバーカードは、顔写真付身分証明書として使えるほか、今後は健康保険証や運転免許証代わりとして使えるようになるが、現状ではさほどマイナンバーカードを発行する必要性を感じられないので、普及率がなかなか上がらないのも分かるだろう。

だが、年齢別の交付率を見てみると面白いことが分かる。実は、マイナンバーカードはデジタルに強いはずの若い男子よりも、アナログな60歳以上のおじさんのほうが交付率が高いのだ。これはいったいどういうことなのか? そこには若者には分からない納得の理由があった!

マイナンバーカードのイメージ
なかなか普及しないマイナンバーカード。最近は健康保険証としても利用できるようになっているが、それがカード取得の動機付けにはなっていない……

(画像は「写真AC」より引用)

男女とも60歳~74歳の交付率が高いのはなぜ?

マイナンバーカードの交付率は総務省の「マイナンバーカード交付状況」で、その詳細が分かるようになっている。

そのなかに「年齢・男女別項目」があり、これをグラフ化したBAD オープンデータ供養寺「マイナンバーカード普及状況ダッシュボード」で確認すると、年齢別の交付率が視覚的に把握できるのだ。

たとえば、20歳~29歳の若い男性の平均は37.6%なのに対し、60歳以上の男性平均では49.1%と、11%以上も高くなっている。逆に女性の場合は25歳~34歳の交付率も高くなっているが、これはおそらく結婚や出産に関係があるのだろう。

いずれにせよ、マイナンバーカードは男女ともに60歳~74歳の交付率が非常に高くなっており、ここに何かヒントが隠されていそうだ。

マイナンバーカードの市区町村別交付枚数状況
(Image:soumu.go.jp) 総務省の「マイナンバーカード交付状況」では、年齢・男女別の交付率が発表されている。これによると、60歳~74歳の男女の交付率がかなり高いことが分かる(2021年11月時点)
マイナンバーカード普及状況ダッシュボード
(Image:mynumbercard.code4japan.org) こちらは総務省の「マイナンバーカード交付状況」のデータを元に、グラフで視覚化したBAD オープンデータ供養寺「マイナンバーカード普及状況ダッシュボード」だ(2021年11月時点)

実はマイナンバーカードは高齢者のメリットが大きい!

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら
RANKING
  • IT
  • ビジネス
  • 総合