NEW

業務スーパーの電子マネー「Gyomuca(ギョムカ)」のメリット&デメリット!

文=中川久/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

今、TVやネットで“ボリューム満点の加工食品が激安で買える!”と話題の「業務スーパー」。筆者もよく利用しているが、いまだに現金払いしかできない店が多い。だが、そんな業務スーパーで、ついに専用の電子マネー「Gyomuca(ギョムカ)」が登場したのをご存じだろうか? まだ、ごく一部店舗でしか使えないが、業務スーパーでもポイント還元されるので、さらにお得に買い物ができるぞ!

そもそも「業務スーパー」って何なの? 一般客でも買い物できる?

最近、米国発の倉庫型会員制スーパー「COSTCO(コスト)」などと比較されることも多い「業務スーパー」。とにかく“驚くほど加工食品がおいしくて安い!”と、TVやネットでも話題沸騰中だ。

そもそも業務スーパーは、兵庫県に本社を置く「神戸物産」が手掛けるスーパーマーケットのこと。1981年にはすでに「業務スーパー」という名称で全国展開を始めており、2021年11月末時点で日本全国に直営店・FC店を含め945店舗を構えている。

業務スーパーは飲食店向けに「プロの品質とプロの価格」をウリにしているが、もちろん一般客も利用可能。とくに有料会員になったりする必要もなく、誰でもおいしい食品を激安で買えるので、筆者もよく近所の業務スーパーを利用している。

神戸物産は食品加工の自社工場を所有しているので、とくに業務スーパーの「プライベート・ブランド(PB)商品」は品質がよくて量も多いのに激安なのがうれしい。

そんな業務スーパーで、筆者が唯一不満なのは、いまだに現金払いのみの店が多いこと。最近はクレジットカードや交通系ICカードが使える店も増えてきたが、流行りのPayPayや楽天ペイ、d払いといったスマホ決済アプリが使えるところはかなり限定的である。

業務スーパー東京都葛飾区の「立石店」
業務スーパーはフランチャイズ(F・C)店が多く、店ごとに特色がある。たとえば東京都葛飾区の「立石店」は、酒屋の「河内屋」の黄色い看板の方が目立っているが、お酒の品揃えは他店舗よりかなり充実している
業務スーパー店舗検索
(Image:gyomusuper.jp) 業務スーパーではクレカが使えるところも増えてきたが、現金払いのみの店舗も結構多い。写真は東京都葛飾区の場合だが、クレカに対応しているのは3店舗のみだ

Gyomucaにチャージすると1,000円で5pt還元!

現金払いのイメージが強い業務スーパーだが、ついにキャッシュレス決済アプリが導入された。それが業務スーパー公式アプリ「Gyomuca(ギョムカ)」である。

Gyomucaには電子マネー機能が組み込まれており、対応店舗に設置された専用チャージ機で、1,000円をチャージすると5ptが加算されるので、0.5%還元となる。

また、貯まったポイントは100ptごとに100円分の電子マネーに交換でき、業務スーパーでの買い物に利用でき…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合