NEW

ゆうパックや宅急便などの配送料金を節約する裏ワザ6選 実は最大210円も安くなる!!

文=中川久/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

荷物を送るときは、郵便局の「ゆうパック」やヤマト運輸の「宅急便」、あるいはクリックポストなど、どの方法で送るのがいちばん安いのか悩む人も多いだろう。基本的にはゆうパックの方がヤマト運輸の宅急便よりやや安いが、さまざまな割引サービスを利用することで、料金はさらに安くなる。そこで今回は、荷物を送るとき少しでも安くする6つの裏ワザを紹介しょう。

まずはゆうパックとヤマト宅急便の基本料金を確認!

宅配便を送るとき、郵便局の「ゆうパック」とヤマト運輸の「宅急便」はどちらが安いのだろうか?

両者の料金表を確認してみると、まず、ゆうパックは60サイズ~170サイズまでを扱っており、重量は全サイズ25kgまでOKだ。また、25~30kgは「重量ゆうパック」となり、+510(520円)が加算される。

これに対し、ヤマト宅急便はサイズごとに重量が制限される料金体系で、ゆうパックにはない180サイズと200サイズ(いずれも30kgまで)も扱いがある。

単純にゆうパックとヤマト宅急便をサイズで比較した表を見れば、ゆうパックのほうが全般的にやや安いことが分かるが、宅配便の料金はそんなに単純ではない。

たとえば、60サイズで10kgのものを送るとき、ヤマト宅急便は100サイズ扱いとなり1,390円かかるが、ゆうパックなら60サイズで送れるため、810円で済む計算になる。

逆に、25kgを超えるとゆうパックは510円~520円が加算されるため、ヤマト宅急便のほうが安くなる。これは悩ましい……。

この基本料金を踏まえたうえで、このあと、それぞれの割引サービスをチェックしていこう。

ゆうパックや宅急便などの配送料金を節約する裏ワザ6選 実は最大210円も安くなる!!の画像1
ヤマト宅急便とゆうパックで東京→東京の料金を比較してみた。ゆうパックは25kgまで全サイズOKだが、ヤマト急便はサイズごとに重量が制限されているので注意が必要になる

【1】荷物の持ち込みで最大210円引きに!

宅配便は営業所や郵便局(コンビニ等)に自分で荷物を持ち込むと割引きされる。

まず、ゆうパックは郵便局やゆうパック取扱所(ローソン・ミニストップなど)に持ち込むと「120円引き」になる。

次に、ヤマト運輸は直営店・取扱所(セブン-イレブン・ファミリーマートなど)に、荷物を持ち込むと「100円引き」になる。

また、クロネコメンバーズに登録したうえで、ヤマト運輸直営店(宅急便センター)に荷物を持ち込み、印刷式の送り状を作成すると、持込割100円+デジタル割60円+クロネコメンバーズ持込割引50円で合計210円引きとなる。

なお、佐川急便も営業所…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合