NEW

Windows 11のシステム要件で必須になっている「TPM 2.0」って何なの?

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

Windows 11のシステム要件のひとつに「TMP2.0」への対応がある。ここ5年くらいに発売されたパソコンなら対応している機種が多いはずだが、そもそも「TPM2.0」とはいったい何なのだろうか? 新しいパソコンであっても、TPM2.0が無効になっているせいでWindows 11にアップグレードできないことも多いそうだ。そこで今回は、TPM2.0の基本とTPM2.0を有効にする方法を解説しよう。

Windows 11では「TPM2.0」への対応が必須に!

2021年10月にリリースされたWindows 11のシステム要件のひとつに、「TPM2.0」への対応があるのをご存じだろうか?

新しいパソコンでもTPM 2.0 を搭載していない、あるいは無効になっているパソコンは、Windows 11 にアップグレードできないのだ。

もちろん、ここ5 年くらいで発売されたパソコンの多くはTPM 2.0に対応しているので、Windows 11の要件をクリアできるだろう。

TPM 2.0 は、ハードウェアを利用した強固なセキュリティ機能の一部であり、Windows 11 の安全性を高めるための技術なので、しっかり確認しておこう。

Windows 11のシステム要件
(Image:microsoft.com) Windows 11のシステム要件では「TPM2.0」への対応が必須になっている。ここ5年以内に発売されたパソコンであれば、TPM2.0に対応している可能性が高い

TPM2.0はどうして必要? どんな機能がある?

「TPM」とはTrusted Platform Module(トラステッド・プラットフォーム・モジュール)と呼ばれるもので、具体的にはマザーボード上にあるセキュリティチップ(メモリ)のことだ。

TPMはハードウェアを利用したセキュリティ機能で、パスワード、暗号化キー、セキュリティ証明書などを生成しハードウェア上で管理できるのが特徴。

具体的には、データを暗号化しても鍵を同じHDD内に保存しておくと危険なので、鍵だけは別のチップ(TMP)に保存することで安全性を高めているのである。たとえば、OSのログイン認証(PINや顔認証)やFeliCaの読み取り機能などはTPMが管理している。

また、TPMには「1.2」と「2.0」があるが、1.2はパソコン単体のデータ保護がメインで、2.0では、外部から不正アクセスによる“なりすまし”なども防ぐことができるように大幅に進化している。

Windows 7世代の古いパソコンは、TPM1.2までしか対応していないことがあるが、残念ながら1….

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合