NEW

動作がクッソ重いノートパソコンに物理メモリを増設してサクサクにしてみた!

文=すずきあきら/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

長年愛用してきたパソコンが、最近クッソ重くなったという人は多いだろう。とくに4GBしかメモリを積んでいないパソコンは、ちょっとした作業でもすぐにメモリ不足に陥って動作が重くなってしまう。そこで今回は、実際に筆者が8年前に購入したパソコンに物理メモリ4GBを追加して、動作をサクサクにした方法を紹介しよう。

動作が重いパソコンは物理メモリを増設しよう!

長年パソコンを使用していると、ちょっとした作業をしても動作がクッソ重くてイライラする。そのためWindows 11パソコンに買い替えを考えている人も多いのではないだろうか?

とくに4GBしかメモリを積んでいないパソコンは、ちょっとした作業でもすぐにメモリ不足に陥って動作が重くなってしまうのだ。

パソコンの動作が重くなる原因については→こちらで確認してほしいが、新しいパソコンを購入する前に、物理メモリを追加してみてはいかがだろうか?

たとえば、現状4GBメモリのパソコンに4GBメモリを追加して合計8GBに増設すれば、メモリ容量に余裕が出て、古いパソコンでもサクサク動作するようになる。

そこで今回は、筆者が愛用している古いノートパソコンに、実際に4GBの物理メモリを増設してみたので、その方法を紹介しよう。

筆者愛用の「VAIO Fit 15 SVF15A 1A1J」
こちらが筆者愛用の「VAIO Fit 15 SVF15A 1A1J」。2014年に購入した15.5型のノートでメモリは4GBしかない。最近は動作が重くて困っていた

まずはメモリスロットがあるかどうか確認する!

筆者愛用のノートパソコンは「VAIO Fit 15 SVF15A 1A1J」。2014年に購入した15.5型の大型ノートパソコンで、メモリは4GBしかない。購入してからすでに8年も経過しているが、最近は動作が重くてイライラしている。そこで今回は、物理メモリを増設してパソコンの動作をサクサクにしようというわけだ。

まずは、ソニーの公式ページで型番を検索し、メモリの状況を調べてみよう。すると、メモリの規格は「PC3L-12800 SO-DIMM(DDR3)」で、4GBはオンボードだった。つまり、メインメモリはマザーボード上のチップで、これをイジることはできない。

そこで、一旦パソコンの蓋を開けてマザーボードを確認したところ、ちゃんと上位機種のため増設用メモリ用スロットがあることが判明した。これなら物理メモリを増設できる!

ちなみに、14インチ以下のモバイルノートでは、メモリはオンボードのみでメモリスロットがなく増設不可となっている機種も多い。

も…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合