NEW

大量の硬貨を預け入れるならどの銀行がお得? 三井住友銀行なら300枚まで無料!

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年1月17日からゆうちょ銀行では、窓口での51枚以上の硬貨取り扱いが有料化されたのはご存じだろう。でも、すでに大量に小銭を貯めこんでいる人はどうすればいいのだろうか? 実は、大手都市銀行では300枚まで無料で預け入れできる銀行もある。そこで今回は大量の硬貨をどのように処分すればいいのか解説しょう。

「ゆうちょ銀行」に51枚以上の硬貨を持ち込むと手数料を取られる!

日本全国に2万4,000店もある「ゆうちょ銀行」。しかし、2022年1月17日から、51枚以上の小銭(硬貨)を預け入れると枚数に応じた手数料を取られることになったのはご存じだろうか? 詳しくは→こちらを確認してほしい。

長年、貯金箱でコツコツと小銭を貯めている人も多いだろうが、大量の硬貨をゆうちょ銀行に持ち込んで預け入れると、手数料を取られてかなり目減りすることになる。果たして大量の小銭はどのように処分すればいいのだろうか?

もちろん、大手都市銀行でも小銭の取り扱いには手数料がかかるのだが、なかには硬貨300枚までなら無料というところもある。そこで今回は、大量の硬貨をどの銀行に預ければお得なのか解説しょう。

大量の硬貨を預け入れるならどの銀行がお得? 三井住友銀行なら300枚まで無料!の画像1
お釣りでもらった小銭を長年貯めこんでいる人も多いだろうが、今後はいったいどうに処分すればいいのだろうか?

(画像は「写真AC」より引用)

ゆうちょ銀行の硬貨取り扱い(窓口)の手数料
こちらは「ゆうちょ銀行」の硬貨取り扱い(窓口)の手数料。51枚以上を持ち込むと手数料を取られてしまう

三井住友銀行なら300枚まで手数料無料!

もし、大量の小銭を貯め込んでいる人は、今後、ごのようにすればいいのだろうか?

まず、ちょっと裏ワザ的な方法として、「ポケットチェンジ」という両替機を使って、SuicaやWAONといった電子マネーにチャージする方法がある。

詳しくは→こちらで確認してほしいが、ポケットチェンジは日本中どこにでもあるわけではない。やはり、近所の銀行で預けるたほうがいいだろう。

そこで、筆者は大手都市銀行の硬貨取り扱い手数料(窓口)を調べてみた。すると、みずほ銀行や三菱UFJ銀行では、ゆうちょ銀行の2倍となる100枚まで手数料が無料だったのだ。

なかでも、三井住友銀行では300枚まで無料であることが分かった。もし、硬貨を大量に持っているいる人は三井住友銀行を利用したほうがお得だろう。

逆に「りそな銀行」は無料枠がなく、硬貨1枚でも660円の手数料を取られるので注意したい。

いかがだろうか? 近所に大手都市銀行がない人は、地元の銀行の手数料を調べみるとよい。意外と硬貨取り扱い手数料の無…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合