NEW

USBメモリの転送速度が遅いのはなぜ? その原因とデータ転送速度を速くする6つの解決法

文=すずきあきら/編集・ライター
【この記事のキーワード】, , ,

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

写真や動画、文章などのデジタルデータを手軽に持ち運べる便利なUSBメモリ。だが、USBメモリのデータ転送速度が遅くてイライラしている人も多いのでは? そこで今回は、USBメモリの転送速度が遅い原因と、もっと速くするワザを6つ紹介しよう。これでもうUSBメモリでイライラしなくて済むかも?!

USBメモリのデータ転送速度が遅いのはなぜ?

デジタルデータを手軽に持ち運べるUSBメモリ。アナタも1本くらいは持っているのでは?

最近は、ウイルス感染やデータ流出防止対策として、会社のパソコンでUSBメモリの使用を禁止している会社も多いが、プラベートでは今でも写真や動画のバックアップなどで利用している人も多いはずだ。

しかし、何年も同じUSBメモリを使っていると、データ転送速度が遅くなってしまうこともある。その原因は、USBメモリの劣化、あるいはパソコン側のUSBポートのダメージなどが原因と考えられる。

また、USBメモリを新しいものに買い替えても、メーカーが公表している転送速度より遅い場合もある。こちらはUSBメモリの規格が一致していない、あるいはパソコン側の設定に問題がある場合が多い。

そこで今回は、USBメモリのデータ転送速度が遅い原因と、転送速度を少しでも速くする方法を紹介しよう。

USBメモリの転送速度が遅いのはなぜ? その原因とデータ転送速度を速くする6つの解決法の画像1
USBメモリの転送速度が遅い原因はさまざま。USBメモリを新しいものに買い替えても、パソコン側に問題があると本来の速度が出ない場合もある

【1】いつもと違うUSBポートにさしてみる

もし、USBメモリの転送速度が遅いと感じる場合は、USBメモリをいつもとは違う別のUSBポートにさしてみよう。

USBメモリをいつも同じUSBポートばかりさしていると、USBポートが劣化して転送速度が遅くなってしまう場合があるからだ。

実はパソコンのUSBポートは、頻繁に抜き差しすることを前提に作られていないので、使い方によっては3~5年でボロボロになる可能性がある。

ただし、ずっと使っていないUSBポートは内部に埃が貯まっている場合もある。必ずダスターなどで埃を取り払ってからUSBメモリをさすようにしたい。

また、USBポートはUSB2.0や3.0といった規格に対応したものがあるが、高速な3.0対応USBメモリを、低速な2.0対応USBポートにさしてしまうと、本来の転送速度が出ないので注意したい。

なお、USBの規格については後ほど詳しく解説する。

【2】WindowsパソコンでUSBドライバを更…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合