NEW

乃木坂・櫻坂・日向坂の“外番組”でも活躍できる注目メンバー3人とは?

文=編集部
【この記事のキーワード】, , , , ,
櫻坂46の武元唯衣(「櫻坂46公式サイト」より)
櫻坂46の武元唯衣(「櫻坂46公式サイト」より)

 乃木坂46櫻坂46、日向坂46の坂道グループは今、変革期を迎えている。乃木坂では、2021年末で卒業したメンバーは8人。さらにこの後、新内眞衣、星野みなみといった古参メンバーが去る一方で、キャプテン・秋元真夏らがすでに対面したという5期生のお披露目も待たれている。

 また櫻坂も、欅坂時代からグループを支えてきた渡辺梨加、守屋茜が卒業。さらに、1月24日には渡邉理佐も卒業を発表し、1期生から2期生中心の体制にシフトしつつある。

 日向坂は、3月30、31日に念願の東京ドーム公演「3周年記念MEMORIAL LIVE ~3回目のひな誕祭~」を開催することが発表された。ステップアップするための大事なターニングポイントになるだろう。

 そんな変革期の坂道グループで、今年とりわけ注目され、いわゆる“外番組”でも活躍できそうなメンバーを挙げていこう。まず、乃木坂からは北川悠理の名が挙がる。

「現役の慶應義塾大学生である彼女は、ここ最近目覚ましい活躍を遂げています。これまでも何度か出演していたクイズ番組『東大王』(TBS系)の1月12日オンエアでは、『骨牌(かるた)』『巻繊汁(けんちんじる)』『屠蘇(とそ)』『鯑(かずのこ)』といった難読漢字を次々と正解するなどファインプレーを連発。南海キャンディーズ・山里亮太から『新生・漢字クイーン』の称号を与えられていました」(芸能ライター)

 さらに、北川は1月17日に「平成インテリチーム」の一員として出演した『ネプリーグ』(フジテレビ系)でも「曇天」を「どんてん」、「細雪」を「ささめゆき」と読んだほか、東京大学出身の林修が答えられなかった「インテリア」の対義語について、半信半疑ながら「エクステリア?」と正解を出していた。最後のボーナスステージにあたる2択問題「トロッコアドベンチャー」では、意外な度胸の良さと第六感を発揮し、5問すべて正答。チームのパーフェクト勝利に貢献していた。

 クイズは瞬発力やひらめきが求められるが、まずは知識の積み重ねが大事になってくるので、今後の活躍も期待される。一度“インテリキャラ”が定着すれば、さらに起用される機会も増えてくるだろう。

 また、北川と同じ乃木坂には慶大の先輩である山崎怜奈がいる。山崎も、その知識を武器に『クイズプレゼンバラエティー Qさま!!』(テレビ朝日系)などクイズ番組のオファーが絶えない。いつか同じ番組で“対決”してほしいものだ。

イジられて輝く武元唯衣

 続いては櫻坂46だ。『そこ曲がったら、櫻坂?』(テレビ東京系)では、井上梨名、大沼晶保、増本綺良、そして副キャプテンの松田里奈とバラエティ向きのメンバーも実はいるが、中でも推されているのが武元唯衣だ。

 武元は21年12月2日放送のラジオ『アッパレやってまーす!』(MBSラジオ)に出演したが、もともと木曜日のレギュラーは日向坂46・齊藤京子だった。齊藤が都合で出られなかったため、代打として出演したのだ。

RANKING

23:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合