NEW

「マイナポイント第2弾」で今わかっていることまとめ 9月末までにマイナンバーカードの申込が必須に!

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

2022年1月からスタートした「マイナポイント第2弾」。初めての人は最大2万pt、第1弾に参加した人でも最大1万5,000ptももらえるので、もらい損ねないように今から条件などをしっかり確認しておきたい。そこで今回は、マイナポイント第2弾について今わかっていることをまとめて解説しよう。

第1弾参加者も第2弾で最大1万5,000ptもらえる!

「マイナポイント」とは12桁の個人番号を記載したマイナンバーカード取得者がもらえるポイントのこと。キャッシュレス決済の利用で最大5,000ptがもらえる第1弾は2021年12月末で終了した。

しかし、マイナンバーカードの取得率はいまだ40%(約5,000万枚)程度なので、引き続き2022年1月から第2弾が開始されたというわけだ。

第2弾では、まず第1弾と同じキャッシュレス決済の利用で支払い額の25%(上限5,000pt)がもらえるが、これは第1弾に参加して上限の5,000ptを獲得した人は参加できない。

次に、マイナンバーカードで健康保険証の利用申し込みをすると7,500ptがもらえる。こちらは第1弾に参加した人や、すでに健康保険証の利用手続きを済ませた人も対象となる。

そしてもうひとつ。マイナンバーカードに公金受取口座(銀行口座)登録を行うと7,500ptがもらえる。こちらも第1弾に参加した人も対象となるが、マイナポータルでの登録申請はまだ始まっていない。

つまり、マイナポイント第2弾はこの3つをすべて達成することで、合計2万ptがもらえる仕組みになっている(第1弾参加者は最大1万5,000pt)。

マイナポイント第2弾については→こちらで基本から詳しく解説しているので参考にしてほしい。

■マイナポイント第2弾の内容
【1】キャッシュレス決済利用  5,000pt
【2】健康保険証の利用申し込み 7,500pt
【3】公金受取口座の登録    7,500pt
合計 2万pt(1人)
※第1弾に参加して上限5,000ptを獲得した人は【1】は利用できないが、【2】と【3】に参加すれば1万5,000ptをもらえる

マイナポイント第2弾の内容
(Image:mynumbercard.point.soumu.go.jp) 第2弾は、第1弾から引き継がれたキャッシュレス決済の利用で最大5,000ptがもらえるほか、健康保険証の利用や公金受取口座の登録でも各7,500ptがもらえるので一人合計2万ptももらえるのだ

マイナポイント第2弾はわからないことだらけ!

マイナポイント第2弾はすでに始まっているのに、見切り発車のような感じで、いまだによく分からないことだらけだ。

そもそもマイナポイ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

17:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合