NEW

マイナンバーカード持ってない社会人はマズくない!? すでに発行枚数5,100万枚超え!

文=藤原博文/編集・ライター

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

総務省の統計によると、2022年1月1日時点でマイナンバーカードの交付枚数は5,100万枚を突破。普及率はついに41%を超えた。なかなか普及しないと言われ続けたマイナンバーカードだが、今や社会人なら持っていないとマズい状況になってきているのだ。そこで今回は、マイナンバーカードを持っているとどんなメリットがあるのか紹介しよう。

すでに10人中4人が持っているマイナンバーカード!

アナタはマイナンバーカードを持っているだろうか? 総務省の統計によると、2022年1月1日時点でマイナンバーカードの交付枚数は5,100万枚を突破! 普及率は全人口の約41%に達したという。

しかも、2022年1月からは1人最大2万円分のポイントがもらえる「マイナポイント第2弾」をスタートさせている。政府はこのマイナポイント第2弾に1兆8,134億円もの予算を投じており、マイナンバーカードの普及率は、今後さらに伸びそうなのだ。

これまで、なかなか普及しないことを揶揄されてきたマイナンバーカードだったが、未成年や後期高齢者を除けばその普及率はもっと高いはずで、すでに社会人なら持っていないとマズしい状況になりつつある。

とはいえ、今ひとつマイナンバーカードのメリットを実感しにくいのも事実だろう。そこで今回は、マイナンバーカードを持っていると、どんなメリットがあるのかを紹介しよう。

マイナンバーカード持ってない社会人はマズくない!? すでに発行枚数5,100万枚超え!の画像1
5,100万枚以上を発行し、普及率も41%を突破したマイナンバーカード。もはや社会人なら持っていないと恥ずかしい?

(画像は 「写真AC」より引用)

マイナンバーカードの基本的な機能とは?

そもそもマイナンバーカードは12桁の「マイナンバー(個人番号)」が記載されているICチップ付プラスチック製身分証明書のこと。

表面には本人の顔写真や氏名、住所、生年月日、性別などが記載されており、裏面にはマイナンバーが記載されている。運転免許証やパスポートなどを持っていない人にとっては、身近な顔写真付きの身分証明書として機能する。

ほかにも、マイナンバーカードがあれば、役所に行かなくても住民票や印鑑証明書などを全国5万5,000店舗のコンビニのマルチコピー機で簡単に取得できるメリットもある。

このあたりがマイナンバーカードの基本的な機能となる。もちろん、これだけではわざわざマイナンバーカードを取得する理由にはならないかもしれないが、今ならマイナポイントで1人2万円分のポイントがもらえるメリットがある。

マイナポイ…

続きは【オトナライフ】で読む

情報提供はこちら

RANKING

23:30更新
  • IT
  • ビジネス
  • 総合