NEW

佐々木希「年収2億円」報道…それでも渡部建が復帰強行せざるを得ない裏事情

文=編集部
【この記事のキーワード】, ,

 今回の復帰に際してアンジャッシュで相方の児嶋一哉は『白黒』の渡部出演回の収録後、公式YouTubeを更新し、

<渡部を復帰させていただいて、2人でアンジャッシュの形でやらせていただくことになりました>

<なかなかどういう回になるのか自信が無いというか、見ていただいてということになると思いますけど、もう1回踏み出そうよという思いで、やらせていただきましたという報告です>

と語っていたが、前出と別のテレビ局関係者はいう。

「2019年に渡部建と同じく『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)レギュラーメンバーだった宮迫博之が闇営業問題で活動休止に入り、所属していた吉本興業との契約問題もはっきりと決着がつかず、世間からの風当たりも収まらないなかでYouTubeでの活動を始めたことで、結果的にテレビ復帰が遠のいてしまった。もしあのとき、雨上がり決死隊として相方の蛍原徹と一緒に劇場での仕事から再開して地道にやっていれば、もう少し違った結果になっていたのでは。

 アンジャッシュはコント色の強い漫才のレベルの高さには定評があっただけに、まずは児島と一緒にライブの仕事などから徐々に再開して“禊ぎを済ませた”感を出したほうがよかったかもしれない。20年には『絶対に笑ってはいけない大貧民GoToラスベガス24時!』への出演情報が事前に漏れて大バッシングを浴び復帰が“おじゃん”になった前例があるだけに、今回もいきなり地上波での復帰となれば、世間から批判を浴びる恐れもある。

 ただ、渡部が所属する人力舎は『おぎやはぎ』や東京03、アンタッチャブルなど人気芸人を抱えている事務所ではあるが、吉本興業のように毎日芸人が出演できる自前の劇場を持っているわけではなく、児嶋もバラエティやドラマ、CMから引っ張りだこの売れっ子芸人になってしまい、渡部と一緒に頻繁に劇場に出るというのは現実的に難しい。その意味では、渡部には“ローカル局からの復帰”という道しかなかったのかもしれないが、起こした不倫騒動の内容のエゲツなさが多くの人の脳裏に残っているだけに、キー局への出演は当分難しいのではないか」

 15日放送の『白黒』で渡部が何を語るのかが注目される。

(文=編集部)

 

Business Journal

企業・業界・経済・IT・社会・政治・マネー・ヘルスライフ・キャリア・エンタメなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト

Twitter: @biz_journal

Facebook: @biz.journal.cyzo

ニュースサイト「Business Journal」

情報提供はこちら

RANKING

5:30更新
  • エンタメ
  • ビジネス
  • 総合